バグ追跡システムのログへのアクセス方法

未解決のバク報告にアクセスする

バグ処理システムが受け取ったり送信したすべてのメッセージは 記録が残されており、いろいろな方法で見ることができます。

主なアクセス方法は、ウェブページ経由で参照することです。 http://bugs.debian.org/BTS メインページ の フォームを御覧ください。

要求に応じて平文でバグ報告を送付してくれる メールサーバがあります。request@bugs.debian.org 宛に、 本文に help とだけ書いた電子メールを送ると使用法が返信さ れます(Subject 行は無視されます)。また、 WWW やファイル bug-log-mailserver.txt でもその使用法を参照することができ ます。

解決済みのバグ報告にアクセスする。

クローズされたそれぞれのバグ報告は、関連する最後のメッセージを 受け取ってから 28 日後にアーカイブされます。これにより、 controlservice メッセージによって アクセスしたり何かを変更したりといったことができなくなります。 ただし、バグ報告を閲覧することは可能です。

http://bugs.debian.org/WWW フォーム から解決済みのバグ報告を検索することができます。解決済みバグの オプションを選択してください。

註:かなり古いクローズされたバグ報告は残っていません。 だいだい、40000 番以降のものがあります。

生のバグデータにアクセスする

もしバグ追跡システムで使われている生のデータを手に入れる必要があるなら、 bugs-mirror.debian.org から rsync を使ってミラーできます。 該当するモジュールは、bts-spool-db (アクティブなバグスプール)、bts-spool-archive (クローズされてしばらくたってからアーカイブされたバグ)、bts-spool-index (バグインデックスファイル) です。

現時点では、アクティブなスプールは約 2.5GB あり、アーカイブスプールは 約 10GB になります。試験目的でサンプルが必要なだけなら、全部取得するのではなく、 アクティブなスプールの部分的なダウンロードを検討してください。

バグスプール中の *.status ファイルを信用しないでください。 これらはすでに使われておらず、互換性のためだけに存在していて、 いずれは削除される予定です。代わりに *.summary ファイルを使ってください。


その他の BTS ページ:


Debian BTS administrators <owner@bugs.debian.org>

Debian bug tracking system
Copyright © 1999 Darren O. Benham, 1997, 2003 nCipher Corporation Ltd, 1994-1997 Ian Jackson.