Debian では、ユーザや開発者から寄せられたバグ報告の詳細を記録する バグ追跡システム (bug tracking system: BTS) を運用しています。バグには すべて通し番号が与えられ、そのバグが処理されるまでその記録が保存されます。

Debian にバグを報告する方法

Debian ディストリビューションにおいて問題に遭遇したときの手順とちょっとしたテクニックを、別ページのバグを報告するに記しています。

バグ追跡システムに関する文書

WWW 上でバグ報告を閲覧する

Bug count for all

番号でバグを検索する:

WWW 上でバグ報告を選択する

バグの選択


1つ目の検索に続けてさらに選択を加えることができます。 続きの検索が同じ検索フィールドにある場合、結果は和集合 (OR) となります。 異なるフィールドにある場合、結果は積集合 (AND) になります。

有効な重要度は critical, grave, serious, important, normal, minor, wishlist, fixed です。

有効なタグは patch, wontfix, moreinfo, unreproducible, help, pending, security, upstream, confirmed, fixed, fixed-upstream, fixed-in-experimental, d-i, ipv6, lfs, l10n, potato, woody, sarge, sarge-ignore, etch, etch-ignore, lenny, lenny-ignore, squeeze, squeeze-ignore, wheezy, wheezy-ignore, jessie, jessie-ignore, sid, experimental です。

含めるバグ

含めないバグ

利用するカテゴリ化

順序付けの方法

その他のオプション

 マージされているバグも繰り返し表示する
 バグ番号の逆順に並べる
 保留 (pending) の逆順に並べる
 重要度の逆順に並べる
 パッケージに影響のあるバグはありません

検索

上記の問い合わせは、それぞれ以下の URL を参照することでも行なえます。

バグ報告の検索

HyperEstraier ベースの検索エンジン を利用してバグ報告を検索できます。

バグ報告を検索する別の方法は、Google グループを利用することです。検索対象とする期間は、検索オプションを指定することで制限できます。

GmaneThe Mail Archive などのサイトを利用してバグ報告を検索することもできます。

追加情報

現在のリリースクリティカルバグ一覧。

Debian バグ追跡システムが認識している、 現在の擬似パッケージ一覧。

以下のバグ報告インデックスが有効です:

注意: 以前に有効であったバグ報告インデックスのいくつかは それらを生成するプログラムの内部的な問題のために有効ではなくなりました。 ご迷惑をおかけします。

スパム報告

バグ追跡システムはスパムを受け取ることがよくあります。 バグ追跡システム上のスパムを報告するには、 バグ報告の番号を確認して、下の方にある 「this bug log contains spam」をクリックしてください。


Debian BTS 管理者 <owner@bugs.debian.org>

Debian バグ追跡システム
Copyright © 1999 Darren O. Benham, 1997, 2003 nCipher Corporation Ltd, 1994-1997 Ian Jackson.