Debian の CD

jigdo をつかって Debian CD イメージをダウンロードする

jigsaw (糸鋸) ダウンロード、あるいは短く jigdo は、将来 Debian CD イメージを配布する主となる方法として考えられたものです。 現在のところシステムは動作していますが、ダウンロードマネージャアプリケーションがまだ完成していないため、快適に使うことができるものにはなっていません。

なぜ直接ダウンロードするより jigdo の方がよいのでしょうか?

なぜならば、速いからです。様々な理由から、通常の Debian アーカイブをミラーしているサイトより CD イメージをミラーしているサイトの方が遙かに少ないのです。この結果、CD イメージをミラーからダウンロードしようとした場合、それがあなたの所から遠いだけでなく、 特にリリース直後は過負荷になっている可能性が高くなります。

さらに、いくつかの種類のイメージは完全な .iso としてはダウンロードできません。我々のサーバに、 それを提供するだけの十分なスペースがないからです。

もちろん、「通常の」Debian ミラーは CD イメージをおいていません。それでは jigdo がどうやってそこからダウンロードするのかと言うと、jigdo は CD 中の全部のファイルを個別にダウンロードするのです。 次にダウンロードしたファイルを一つのファイルに集めて、CD イメージと全く同じものを作成します。 ただし、これらは裏で自動的に行われるので、あなたのすべきことは、 ダウンロードツールに処理する ".jigdo" ファイルの場所を教えることだけです。

jigdo のホームページに、更に詳しい情報が掲載されています。 jigdo の開発への協力者はいつでも大歓迎です。

jigdo を使ってイメージをダウンロードする手順を教えてください

この手順の詳細な説明は Debian jigdo mini-HOWTO をご覧下さい。この HOWTO には、jigdo の先進的な機能、例えば古い CD イメージを最新版にアップグレードする (新しいイメージの全体ではなく、 変更箇所のみをダウンロードする) などの説明も含まれています。

イメージをダウンロードして、CD に焼いた後は、インストールのための詳しい情報を見るようにしてください。

公式イメージ

公式の安定版 (stable)リリース用 jigdo ファイル

Blu-ray

インストールの前に必ずドキュメントを一読してください。 インストール前にどれか 1 つだけ文書を読むのであればインストール Howto を読んでください。インストールプロセスを一通り説明しています。 その他の役立つ文書として以下のものがあります。

公式のテスト版 (testing)ディストリビューション用 torrent ファイル


CD イメージの中身を検索する

どの CD/DVD イメージに求めるファイルが入っていますか? この文章の後ろにある検索ボックスで様々な Debian CD/DVD に含まれるファイルの一覧から検索することができます。 いくつかの単語で検索すれば、ファイル名の一部にマッチするに違いありません。 その結果を任意のアーキテクチャで絞るには、例えば「_i386」のように加えます。 全アーキテクチャ共通のパッケージを見るには、「_all」を加えます。

CD/DVD イメージにどんなファイルが入っていますか? もし任意の Debian CD/DVD に含まれるファイルの一覧が必要なら、cdimage.debian.org でその CD/DVD イメージに対応した list.gz ファイルを見てください。


よくある質問

jigdo で proxy サーバを使うようにするにはどうすればいいのでしょう?

~/.jigdo-lite ファイル (または Windows 版の場合は jigdo-lite-settings.txt) をテキストエディタで開いて、"wgetOpts" で始まる行を探します。この行では、以下のオプションが使えます。

-e ftp_proxy=http://LOCAL-PROXY:PORT/
-e http_proxy=http://LOCAL-PROXY:PORT/
--proxy-user=USER
--proxy-passwd=PASSWORD

ここで、使っている proxy サーバにあわせて上記を適切な値に書き換えてください。 最後の二つのオプションは、proxy でパスワード認証を行っている場合に限り、必要になります。 オプションは、wgetOpts の行の最後の、'に追加してください。 オプションはすべて、この wgetOpts の行に一行で書く必要があります。

別の方法として、Linux では例えば ~/.bashrc/etc/environment ファイル中で http_proxy または ftp_proxy 環境変数を設定するようにしても OK です。

あ痛ぁ! スクリプトがエラーで落ちてしまいました。これまでダウンロードした何百 MB は無駄になってしまうんですか?

もちろん、「こういうことは起こってはならない」(tm) のですが、様々な理由から大きな ".iso.tmp" ファイルはすでに作成されているのに、jigdo-lite は問題を発見してダウンロードを再開するよう繰り返し伝えてくる、という状態になることがあります。 この場合、試せることが幾つかあります。