翻訳開始の例

フランス語を例に取ってみます。

   cvs checkout webwml/Makefile.common webwml/english
   cd webwml
   mkdir french
   cvs add french
   cd french
   cp ../english/.wmlrc ../english/Make.* .
   echo 'include $(subst webwml/french,webwml/english,$(CURDIR))/Makefile' > Makefile
   mkdir po
   cvs add Make* .wmlrc po
   cp Makefile po
   make -C po init-po
   cvs add po/Makefile po/*.fr.po

.wmlrc を編集して、以下のように変更します。

Make.lang を編集し 'LANGUAGE := en' から 'LANGUAGE := fr' へ変更します。 マルチバイト文字を使った言語を翻訳する場合は、このファイル中の 他の変数もいくつか変更しなければならないかもしれません。詳しくは ../Makefile.common を読んでください。おそらく他言語のものが参考になります。 (中国語翻訳用など)

french/po に移動し、PO ファイル中のエントリを翻訳してください。 これはごく簡潔に記述してください。

翻訳を行なう各ディレクトリには常に Makefile をコピーするようにして ください。これは、.wml ファイルを HTML に変換するために makeが使われ、makeは Makefile を使うためです。

ページの追加と編集を行なったときは、webwml ディレクトリで

   cvs commit

をしてください。これでウェブページの翻訳を開始できます。

ウェブページを翻訳するときの例

「Debian 社会契約」のフランス語訳を例に取ってみましょう。

   cd webwml
   ./copypage.pl english/social_contract.wml
   cd french
   cvs add social_contract.wml

これにより、コピーした元のファイルの版を指した translation-check header が自動的に追加されます。対象のディレクトリやその Makefile も、無ければ作成されます。

social_contract.wml を翻訳しテキストを編集します。どんなことがあっても リンクを翻訳しようとか変更しようとかしてはいけません。もし何かを変更したい ときは、debian-www メーリングリストで要請してください。編集が終わったら

   cvs commit -m "(変更点を英語で短かく記述)" social_contract.wml

と打ってください。

新しいディレクトリを追加する例

この例はフランス語翻訳ディレクトリへ intro/ ディレクトリを追加する 方法を示しています。

   cd webwml/french
   mkdir intro
   cvs add intro
   cd intro
   cp ../Makefile .

新しいディレクトリには Makefile を置き、CVS で commit されるように してください。また、誰が make を走らせてもエラーが出ないようにして ください。

   cvs add Makefile
   cd ..
   cvs commit -m "added the intro dir to CVS" intro