proposed-updates 機構

リリースされた 安定版 (stable) (および 旧安定版 (oldstable)) ディストリビューションへの変更はすべて、 延長されたテスト期間を経てからアーカイブに取り入れられます。こういった、安定版 (旧安定版) リリースへの更新はポイントリリースと呼ばれます。

ポイントリリースの準備は proposed-updates 機構を通して行われます。 更新されたパッケージは p-u-new (o-p-u-new) と呼ばれる別個のキューにアップロードされてから proposed-updates (oldstable-proposed-updates) に取り入れられます。

このパッケージを APT で利用するためには、sources.list ファイルに

  # 次期ポイントリリースの proposed updates
  deb http://ftp.us.debian.org/Debian wheezy-proposed-updates main contrib non-free

を追加します。/debian/ ミラーにはこれ (proposed-updates) が存在し、また上記で ftp.us.debian.org としているのは単なる例であり、 特にこのホストである必要はないことに注意してください。

新しいパッケージは、Debian 開発者が proposed-updates (oldstable-proposed-updates) または stable (oldstable) にアップロードすることで proposed-updates に入ります。アップロードプロセス については開発者リファレンスで説明されています。

security.debian.org からのパッケージは自動的に p-u-new (o-p-u-new) ディレクトリに複製されることに注意しておくべきでしょう。 一方、proposed-updates (oldstable-proposed-updates) に直接アップロードされたパッケージは Debian セキュリティチームにより観察されてはいません。

現在 p-u-new (o-p-u-new) キューにあるパッケージは http://release.debian.org/proposed-updates/stable.html (http://release.debian.org/proposed-updates/oldstable.html) で一覧することができます。