Product SiteDocumentation Site

第 13 章 ワークステーション

13.1. X11 サーバの設定
13.2. グラフィカルインターフェースのカスタマイズ
13.2.1. ディスプレイマネージャの選択
13.2.2. ウィンドウマネージャの選択
13.2.3. メニュー管理
13.3. グラフィカルデスクトップ
13.3.1. GNOME
13.3.2. KDE と Plasma
13.3.3. Xfce とその他
13.3.4. Other Desktop Environments
13.4. 電子メール
13.4.1. Evolution
13.4.2. KMail
13.4.3. Thunderbird
13.5. ウェブブラウザ
13.6. 開発
13.6.1. GNOME 上の GTK+ 用ツール
13.6.2. Qt 用ツール
13.7. 共同作業
13.7.1. グループで行う作業、グループウェア
13.7.2. FusionForge を使った共同作業
13.8. オフィススイート
13.9. Windows のエミュレート、Wine
13.10. リアルタイムコミュニケーションソフトウェア
これでサーバの配備が終了しました。管理者は各ワークステーションをインストールし典型的な設定を作成することに注力することが可能です。

13.1. X11 サーバの設定

A brief reminder: X.org is the software component that allows graphical applications to display windows on screen. It includes a driver that makes efficient use of the video card. The features offered to the graphical applications are exported through a standard interface, X11 (Buster contains version X11R7.7).
X.org の現在のバージョンは利用できるハードウェアを自動検出することが可能です。すなわち、ビデオカードとモニタだけでなくキーボードとマウスも検出することが可能です。実際、パッケージが /etc/X11/xorg.conf 設定ファイルを作成する必要がなくなり、現在の X.org はとても使いやすくなっています。
キーボードは現在 /etc/default/keyboard で設定します。/etc/default/keyboard ファイルはテキストコンソールとグラフィカルインターフェースの両方で使われ、keyboard-configuration パッケージによって取り扱われます。キーボードレイアウトの設定に関する詳細は第 8.1.2 節「キーボードの設定」をご覧ください。
xserver-xorg-core パッケージには X.org のバージョン 7.x が使う一般的な X サーバが含まれます。このサーバはモジュール式で多くの異なる種類のビデオカードを取り扱う独立したドライバを使います。xserver-xorg をインストールすると、ドライバと少なくとも 1 種類のビデオドライバが確実にインストールされます。
Note that if the detected video card is not handled by any of the available drivers, X.org tries using the vesa and fbdev drivers. VESA is a generic driver that should work everywhere, but with limited capabilities (fewer available resolutions, no hardware acceleration for games and visual effects for the desktop, and so on) while fbdev works on top of the kernel's framebuffer device. Nowadays the X server can run without any administrative privileges (this used to be required to be able to configure the screen) and its log file is then stored in the user's home directory in ~/.local/share/xorg/Xorg.0.log, whereas it is /var/log/Xorg.0.log for X servers started with root privileges and for versions older than Debian 9 Stetch. That log file is where one would look to know what driver is currently in use. For example, the following snippet matches what the intel driver outputs when it is loaded:
(==) Matched intel as autoconfigured driver 0
(==) Matched modesetting as autoconfigured driver 1
(==) Matched vesa as autoconfigured driver 2
(==) Matched fbdev as autoconfigured driver 3
(==) Assigned the driver to the xf86ConfigLayout
(II) LoadModule: "intel"
(II) Loading /usr/lib/xorg/modules/drivers/intel_drv.so