第1章 この文書が扱う範囲について

The purpose of this document is to provide an overview of the recommended procedures and the available resources for Debian developers and maintainers.

The procedures discussed within include how to become a member (2章Applying to Become a Member); how to create new packages (「新規パッケージ」) and how to upload packages (「パッケージをアップロードする」); how to handle bug reports (「バグの取扱い」); how to move, remove, or orphan packages (「パッケージの移動、削除、リネーム、放棄、引き取り、再導入」); how to port packages (「移植作業、そして移植できるようにすること」); and how and when to do interim releases of other maintainers' packages (「Non-Maintainer Upload (NMU)」).

また、このリファレンスで触れるリソースには、メーリングリスト (「メーリングリスト」) およびサーバ (「Debian のマシン群」)、Debian アーカイブの構成に関する解説 (「Debian アーカイブ」)、パッケージのアップロードを受け付ける様々なサーバの説明 (ftp-master にアップロードする」)、パッケージの品質を高めるために開発者が利用できるリソースについての解説 (付録A Debian メンテナツールの概要) などがあります。

初めに明らかにしておきたいのですが、このリファレンスは Debian パッケージに関する技術的な詳細や、Debian パッケージの作成方法を説明するものではありません。また、このリファレンスは Debian に含まれるソフトウェアが準拠すべき基準を詳細に解説するようなものでもありません。その様な情報については全て、Debian ポリシーマニュアル に記述されています。

さらに、この文書は公式なポリシーを明らかにするものではありません。含まれているのは Debian システムに関する記述と、一般的な合意がなされたベストプラクティスに関する記述です。すなわち「規範」文書と呼ばれるものではない、ということです。