第2章 Applying to Become a Member

目次

2.1. さあ、はじめよう
2.2. Debian メンター (mentors) とスポンサー (sponsors) について
2.3. Registering as a Debian member

So, you've read all the documentation, you've gone through the Debian New Maintainers' Guide (or its successor, Guide for Debian Maintainers), understand what everything in the hello example package is for, and you're about to Debianize your favorite piece of software. How do you actually become a Debian developer so that your work can be incorporated into the Project?

Firstly, subscribe to if you haven't already. Send the word subscribe in the Subject of an email to . In case of problems, contact the list administrator at . More information on available mailing lists can be found in 「メーリングリスト」. is another list, which is mandatory for anyone who wishes to follow Debian's development.

参加後、何かコーディングを始める前に、しばらくの間「待ち」(投稿せずに読むだけ) の状態でいるのが良いでしょう。それから、重複作業を避けるために何の作業をしようとしているのか表明をする必要があります。

もう一つ、購読すると良いのが です。詳細は 「Debian メンター (mentors) とスポンサー (sponsors) について 」 を参照してください。IRC チャンネル #debian も役に立つでしょう。「IRC チャンネル」 を見てください。

何らかの方法で Debian に対して貢献したいと思った時、同じような作業に従事している既存の Debian メンテナにコンタクトしてみてください。そうすれば経験豊かな開発者から学ぶことができます。例えば、既にあるソフトウェアを Debian 用にパッケージ化するのに興味を持っている場合、スポンサーを探しましょう。スポンサーはあなたと一緒にパッケージ化作業を手伝い、あなたの作業が満足する出来になったら Debian アーカイブにパッケージをアップロードしてくれます。スポンサーは、 メーリングリストへパッケージとあなた自身の説明とスポンサーを探していることをメールして見つけましょう (詳細については 「パッケージのスポンサーを行う」 および https://wiki.debian.org/DebianMentorsFaq を参照)。さらに、Debian を他のアーキテクチャやカーネルへ移植するのに興味を持っている場合、移植関連のメーリングリストに参加して、どうやって始めればいいのかを尋ねましょう。最後に、ドキュメントや品質保証 (Quality Assuarance、QA) の作業に興味がある場合は、この様な作業を行っているメンテナ達の集まりに参加して、パッチや改善案を送ってください。

メールアドレスのローカルパートが非常に一般的な場合、落とし穴にハマる可能性があります。mail、admin、root、master のような単語は使わないようにするべきです。詳しくは https://www.debian.org/MailingLists/ を参照してください。

メーリングリスト が、パッケージ化の第一歩目や他の開発者と調整が必要な問題などで手助けを必要としている新米メンテナに用意されています。新たな開発者は皆、このメーリングリストに参加することをお勧めします (詳細は 「メーリングリスト」 を参照してください)。

一対一での指導 (つまり、プライベートなメールのやり取りで) の方が良い、という人もこのメーリングリストに投稿しましょう。経験豊かな開発者が助けになってくれるはずです。

In addition, if you have some packages ready for inclusion in Debian, but are waiting for your new member application to go through, you might be able find a sponsor to upload your package for you. Sponsors are people who are official Debian Developers, and who are willing to criticize and upload your packages for you. Please read the debian-mentors FAQ at https://wiki.debian.org/DebianMentorsFaq first.

メンターあるいはスポンサーになりたいという人は、「Debian 開発者候補に対応する」 でより詳細な情報が手に入ります。

Before you decide to register with Debian, you will need to read all the information available at the New Members Corner. It describes in detail the preparations you have to do before you can register to become a Debian member. For example, before you apply, you have to read the Debian Social Contract. Registering as a member means that you agree with and pledge to uphold the Debian Social Contract; it is very important that member are in accord with the essential ideas behind Debian. Reading the GNU Manifesto would also be a good idea.

The process of registering as a member is a process of verifying your identity and intentions, and checking your technical skills. As the number of people working on Debian has grown to over 1000 and our systems are used in several very important places, we have to be careful about being compromised. Therefore, we need to verify new members before we can give them accounts on our servers and let them upload packages.

実際に登録する前に、あなたは良い仕事ができる貢献者となり得ることを示さねばなりません。バグ追跡システムを介してパッチを送ったり、既存の Debian 開発者のスポンサーによるパッケージの管理をしばらくの間行うなどして、これをアピールします。付け加えておくと、我々は貢献してくれる人達が単に自分のパッケージをメンテナンスするだけにではなく、プロジェクト全体について興味を持ってくれることを期待しています。バグについての追加情報、できればパッチの提供などによって他のメンテナを手助けできるのであれば、早速実行しましょう!

登録に際しては Debian の考え方と技術文書を充分理解している必要があります。さらに、既存のメンテナに署名をしてもらった GnuPG 鍵が必要です。まだ GnuPG 鍵に署名してもらっていない場合は、あなたの鍵に署名してくれる Debian 開発者に会いましょう。GnuPG Key Signing Coordination page が近くの Debian 開発者を探す手助けとなるでしょう。(近くに Debian 開発者がいない場合は、ID チェックを通過する別の方法としてケースバイケースで例外処理として扱うことも可能です。詳細については 身分証明のページ を参照してください)。

If you do not have an OpenPGP key yet, generate one. Every developer needs an OpenPGP key in order to sign and verify package uploads. You should read the manual for the software you are using, since it has much important information that is critical to its security. Many more security failures are due to human error than to software failure or high-powered spy techniques. See 「公開鍵をメンテナンスする」 for more information on maintaining your public key.

Debian では GNU Privacy Guard (gnupg パッケージ、バージョン 1 以降) を標準として利用しています。他の OpenPGP 実装も同様に利用できます。OpenPGP は RFC 2440 に準拠したオープン標準です。

You need a version 4 key for use in Debian Development. Your key length must be greater than 2048 bits (4096 bits is preferred); there is no reason to use a smaller key, and doing so would be much less secure.[1]

あなたの公開鍵が subkeys.pgp.net などの公開鍵サーバにない場合は、新規メンテナ 手順 2: 身分証明 にあるドキュメントを読んでください。このドキュメントにはどうやって公開鍵サーバに鍵を登録するのかが記載されています。新規メンテナグループは、まだ登録されていない場合はあなたの公開鍵をサーバに登録します。

幾つかの国では、一般市民の暗号関連ソフトウェアの使用について制限をかけています。しかし、このことは暗号関連ソフトウェアを暗号化ではなく認証に利用する際には完全に合法であるような場合には、Debian パッケージメンテナとしての活動を妨げることにはなりません。あなたが認証目的にすら暗号技術の利用が制限される国に住んでいる、と言う場合は、我々に連絡をしていただければ特別な措置を講じることができます。

To apply as a new member, you need an existing Debian Developer to support your application (an advocate). After you have contributed to Debian for a while, and you want to apply to become a registered developer, an existing developer with whom you have worked over the past months has to express their belief that you can contribute to Debian successfully.

When you have found an advocate, have your GnuPG key signed and have already contributed to Debian for a while, you're ready to apply. You can simply register on our application page. After you have signed up, your advocate has to confirm your application. When your advocate has completed this step you will be assigned an Application Manager who will go with you through the necessary steps of the New Member process. You can always check your status on the applications status board.

For more details, please consult New Members Corner at the Debian web site. Make sure that you are familiar with the necessary steps of the New Member process before actually applying. If you are well prepared, you can save a lot of time later on.



[1] バージョン 4 の鍵は、RFC 2440 で規定されているように OpenPGP 標準に適合します。GnuPG を使って鍵を作ると、鍵のタイプは常にバージョン 4 になります。PGP はバージョン 5.x からバージョン 4 の鍵を作ることもできるようになっています。別の選択肢としては、v3 の鍵 (PGP ではレガシー RSA とも呼ばれます) と互換性のある pgp 2.6.x になります。

バージョン 4 (primary) 鍵は RSA アルゴリズムか DSA アルゴリズムのどちらでも利用できます。つまり、GnuPG が (1) DSA and Elgamal, (2) DSA (sign only), (5) RSA (sign only) の中からどの種類の鍵を使いたいか質問してきても何も迷うことはありません。特別な理由がない限りは単にデフォルトを選んでください。

今ある鍵が v4 の鍵なのか v3 (あるいは v2) の鍵なのかを判断するもっとも簡単な方法はフィンガープリントを見ることです。バージョン 4 鍵のフィンガープリントは、鍵要素の一部を SHA-1 ハッシュにしたもので、通常 4 文字ごとに区切られた 40 文字の 16 進数になります。古いバージョンの鍵形式では、フィンガープリントは MD5 を使っており、2 文字ごとに区切られた 16 進数で表示されます。例えば、あなたのフィンガープリントが 5B00 C96D 5D54 AEE1 206B  AF84 DE7A AF6E 94C0 9C7F のようになっている場合は、v4 鍵です。

別のやり方として、鍵をパイプで pgpdump に渡して Public Key Packet - Ver 4 のような出力を得るという方法もあります。

もちろん、鍵が自己署名されている必要があります (つまり、全ての鍵は所有者の ID によって署名されている必要があります。これによって、ユーザ ID の偽造 (タンパリング) を防いでいます)。最近の OpenPGP ソフトウェアは皆これを自動的に行いますが、古い鍵を持っているような場合は自分でこの署名を追加する必要があるでしょう。