第2章 Debian 11 の最新情報

目次

2.1. サポートするアーキテクチャ
2.2. ディストリビューションの最新情報
2.2.1. デスクトップとよく知られているパッケージ
2.2.2. ドライバレススキャンおよび印刷
2.2.3. 新しい汎用的な open コマンド
2.2.4. コントロールグループ v2
2.2.5. 永続的な systemd ジャーナル
2.2.6. 新しい Fcitx 5 インプットメソッド
2.2.7. Debian Med Blend からのお知らせ
2.2.8. Kernel support for exFAT

この章のより詳しい情報は Wiki を参照してください。

2.1. サポートするアーキテクチャ

Debian bullseye で公式にサポートされているアーキテクチャは以下のとおりです。

  • 32 ビット PC (i386) および 64 ビット PC (amd64)

  • 64 ビット ARM (arm64)

  • ARM EABI (armel)

  • ARMv7 (EABI 浮動小数点ハードウェア ABI, armhf)

  • リトルエンディアン MIPS (mipsel)

  • 64 ビットリトルエンディアン MIPS (mips64el)

  • 64 ビットリトルエンディアン PowerPC (ppc64el)

  • IBM System z (s390x)

移植状況の詳細や、お使いの移植版に特有の情報については、Debian の移植版に関するウェブページで読むことができます。

2.2. ディストリビューションの最新情報

Debian のこの新しいリリースには、一つ前のリリースである buster に含まれていたよりさらに多くのソフトウェアが含まれています。このディストリビューションには、13370 以上の新しいパッケージが含まれており、全体のパッケージ数は 57703 以上になりました。ディストリビューション中のほとんどのソフトウェア、すなわち約 35532 ものソフトウェアパッケージ (これは buster のパッケージ全体の 62% にあたります) が更新されました。また、かなりの数のパッケージ (buster のパッケージの 13% にあたる 7278 以上) が、様々な理由でディストリビューションから取り除かれました。これらのパッケージは更新されることはなく、パッケージ管理用のフロントエンドでは 'obsolete' というマークが付けられます。これについては 「利用されなくなったパッケージ」 を参照してください。

2.2.1. デスクトップとよく知られているパッケージ

Debian は今回も複数のデスクトップアプリケーションとデスクトップ環境をサポートしています。中でも GNOME 3.38, KDE Plasma 5.20, LXDE 11, LXQt 0.16, MATE 1.24, Xfce 4.16 があります。

事務用アプリケーションもオフィススイートを含めてアップグレードされています:

  • LibreOffice が 7.0 へアップグレードされました。

  • Calligra が 3.2 へアップグレードされました。

  • GNUcash が 4.4 へアップグレードされました。

またこのリリースには、特に挙げるなら、以下のソフトウェアの更新も含まれています:

パッケージ10 (buster) でのバージョン11 (bullseye) でのバージョン
Apache2.4.382.4.46
BIND DNS サーバ9.119.16
Cryptsetup2.12.3
Dovecot MTA2.3.42.3.13
EmacsEmacs27.1
Exim 標準の電子メールサーバ4.924.94
GNU Compiler Collection (デフォルトのコンパイラ)8.310.2
GIMP2.10.82.10.22
GnuPG2.2.122.2.20
Inkscape0.92.41.0.2
GNU C ライブラリ2.282.31
lighttpd1.4.531.4.58
Linux カーネルイメージ4.19 シリーズ5.10 シリーズ
LLVM/Clang ツールチェイン6.0.1 および 7.0.1 (デフォルト)9.0.1 および 11.0.1 (デフォルト)
MariaDB10.310.5
Nginx1.141.18
OpenJDK1111
OpenSSH7.9p18.4p1
Perl5.285.32
PHP7.37.4
Postfix MTA3.43.5
PostgreSQL1113
Python 33.7.33.9.1
Rustc1.41 (armel は 1.34)1.48
Samba4.94.13
Vim8.18.2

2.2.2. ドライバレススキャンおよび印刷

CUPS を使った印刷と SANE を使ったスキャンはどちらも過去 5 年ほどに発売したハードウェアのモデルに固有した (しばしば non-free な) ドライバを必要としない可能性が高くなっています。

2.2.2.1. CUPS とドライバレス印刷

イーサネットや無線によって接続する近代的なプリンターはすでに ドライバレス印刷 でき、buster のリリースノート で説明されているとおり CUPScups-filters によって実装されています。Debian 11 bullseye では、cups-daemon が推奨し多くの近代的なプリンターがサポートするベンダーニュートラルな IPP-over-USB プロトコルを扱える新しい ipp-usb パッケージを提供しています。これにより USB デバイスをネットワークデバイスとして扱うことができ、USB 接続したプリンターも含めてドライバレス印刷を拡張しています。

ipp-usb パッケージに含まれる systemd 用サービスファイルは USB 接続するプリンターをつなぐと ipp-usb デーモンを呼び出して印刷先として利用できるようにします。既定では cups-browsed は自動で設定されるはずですが、ローカルのドライバレス印刷キューを手動で設定 することもできます。

2.2.2.2. SANE とドライバレススキャン

公式の SANE ドライバレスバックエンドは libsane1 に含まれる sane-escl によって提供されます。ドライバレスバックエンドは sane-airscan と独立して開発されています。両方のバックエンドは eSCL プロトコル を理解しますが、sane-airscanWSD プロトコルも利用できます。ユーザはこれらのシステムにおいて両方のバックエンドを持つよう検討すべきです。

eSCLWSD はネットワークプロトコルです。その結果、もしデバイスが IPP-over-USB デバイス (上記参照) であれば USB 接続で操作できるかもしれません。libsane1 には推奨パッケージとして ipp-usb があることに注意してください。これにより適切なデバイスを USB 端子に接続したときにドライバレスバックエンドドライバーを使うよう自動的に設定するようになります。

2.2.3. 新しい汎用的な open コマンド

新しい open コマンドは xdg-open (デフォルト) や run-mailcap の便利なエイリアスとして利用でき、update-alternatives(1) システムによって管理されます。これはコマンドラインでインタラクティブに使うことを意図しており、デフォルトのアプリケーションとしてファイルを開くことができ、グラフィカルなプログラムが使えるときにはグラフィカルなプログラムを指定することもできます。

2.2.4. コントロールグループ v2

bullseye では systemd はデフォルトで コントロールグループ v2 (cgroupv2) を使用し、統一されたリソースコントロール階層を提供します。 もしレガシー cgroups を再度有効にする必要がある場合はカーネルのコマンドラインパラメータで指定可能です。詳細は OpenStack の 「OpenStack と cgroups v1 について」 セクションを見てください。

2.2.5. 永続的な systemd ジャーナル

bullseye に含まれる Systemd は永続的なジャーナル機能をデフォルトで有効にしており、ファイルを /var/log/journal/ に保存します。詳細は次をご覧ください systemd-journald.service(8) 。Debian のジャーナルはデフォルトの systemd-journal グループに加えて adm のメンバーからも読み取り可能であることに注意してください。

これは rsyslog のような伝統的なロギングデーモンが存在することと干渉しないはずですが、そのようなデーモンの特別な機能に依存していないユーザは伝統的なロギングデーモンをアンインストールしてジャーナルのみを使うように切り替えることを望むかもしれません。

2.2.6. 新しい Fcitx 5 インプットメソッド

Fcitx 5 は中国語、日本語、韓国語やその他の多くの言語のためのインプットメソッドです。buster に含まれ人気のある Fcitx 4 の後継です。新しいバージョンは Wayland をサポートし、すぐれたアドオンをサポートします。より多くの情報を含んだ移行ガイドは wiki にあります。

2.2.7. Debian Med Blend からのお知らせ

Debian Med チームはシーケンスレベルでウイルスを研究するためやパンデミックと戦うために疫学で使われるツールのソフトウェアをパッケージにすることで COVID-19 との戦いに参加しています。その取り組みは両方の分野で使われる機械学習のツールに焦点を当てて次のリリースサイクルでも継続します。

生命科学と医学の分野における新しいパッケージの追加に加えて、継続的インテグレーションのサポートを得られる既存のパッケージが増えました。

性能が重要なさまざまなアプリケーションが SIMD Everywhere の恩恵を受けられるようになりました。このライブラリによって、パッケージを利用できるハードウェアプラットフォームが Debian がサポートする中でもさらに多くなるとともに (特に arm64)、amd64AVXarm64NEON のようなベクトル拡張をサポートする CPU によってもたらされる性能面の恩恵を受けることができます。

Debian Med チームによってメンテナンスされているパッケージのインストールを行うには、med-* という名前のメタパッケージをインストールしてください。Debian bullseye 用にはバージョン 3.6.x が用意されています。遠慮なく Debian Med tasks pages を訪れて、Debian で利用可能な様々な生物学・医学関連ソフトウェアを眺めてみてください。

2.2.8. Kernel support for exFAT

bullseye is the first release providing a Linux kernel which has support for the exFAT filesystem, and defaults to using it for mounting exFAT filesystems. Consequently it's no longer required to use the filesystem-in-userspace implementation provided via the exfat-fuse package. If you would like to continue to use the filesystem-in-userspace implementation, you need to invoke the mount.exfat-fuse helper directly when mounting an exFAT filesystem.

Tools for creating and checking an exFAT filesystem are provided in the exfatprogs package by the authors of the Linux kernel exFAT implementation. The independent implementation of those tools provided via the existing exfat-utils package is still available, but cannot be co-installed with the new implementation. It's recommended to migrate to the exfatprogs package, though you must take care of command options, which are most likely incompatible.