索引

P

packages
apt, アップグレードについての報告をする, APT のローカルミラーソースの追加, FUSE 3
apt-listchanges, システムの最小アップグレード
aptitude, パッケージデータベースの準備, アップグレードするのに十分な領域があることを確認する, 削除したパッケージを完全削除する
aufs-dkms, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
bsd-mailx, fail2ban が bsd-mailx の mail コマンドを使ったメール送信が出来ない
ca-certificates-java, 既知の重大なバグ
cinder-volume, OpenStack と cgroups v1 について
cron, 既知の重大なバグ
cups-browsed, CUPS とドライバレス印刷
cups-daemon, CUPS とドライバレス印刷
cups-filters, CUPS とドライバレス印刷
dblatex, この文書のソース
debian-goodies, アップグレードするのに十分な領域があることを確認する
debian-kernel-handbook, カーネルメタパッケージのインストール
debian-security-support, セキュリティサポートにおける制限事項
doc-debian, バグを報告する
docbook-xsl, この文書のソース
dpkg, アップグレードについての報告をする
drdsl, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
exfat-fuse, カーネルによる exFAT サポート
exfat-utils, カーネルによる exFAT サポート
exfatprogs, カーネルによる exFAT サポート
fail2ban, fail2ban が bsd-mailx の mail コマンドを使ったメール送信が出来ない, 既知の重大なバグ
firmware-iwlwifi, Intel CPU のマイクロコードでの問題
fuse, FUSE 3
fuse3, FUSE 3
gcc-10-base, 既知の重大なバグ
gir1.2-diodon-1.0, 既知の重大なバグ
gir1.2-gtd-1.0, 既知の重大なバグ
git-el, 既知の重大なバグ
glibc, NSS NIS および NIS+ 利用に新しいパッケージが必要になります
gnome-control-center, GNOME の「設定」アプリにマウスを使用せずにアクセスする
gparted, 既知の重大なバグ
grub2, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
guile-2.2-libs, libgc1c2 パッケージ関連のアップグレードは二回実行を必要とする
gvfs-fuse, FUSE 3
how-can-i-help, Debian に貢献する
ibod, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
ifenslave, 既知の重大なバグ
initramfs-tools, initrd を使った起動中のデバッグシェル, カーネルと関連パッケージのアップグレード
intel-microcode, Intel CPU のマイクロコードでの問題
ipp-usb, CUPS とドライバレス印刷, SANE とドライバレススキャン
isdnactivecards, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
isdnutils, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
kio-fuse, FUSE 3
libappindicator-dev, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
libappindicator1, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
libappindicator3-1, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
libayatana-appindicator, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
libgc1c2, libgc1c2 パッケージ関連のアップグレードは二回実行を必要とする
libjs-bootstrap4, 既知の重大なバグ
libnss-nis, NSS NIS および NIS+ 利用に新しいパッケージが必要になります
libnss-nisplus, NSS NIS および NIS+ 利用に新しいパッケージが必要になります
libpam-chroot, 既知の重大なバグ
libpython3.9-dev, 既知の重大なバグ
libsane1, SANE とドライバレススキャン
lilo, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
linux-image-*, カーネルと関連パッケージのアップグレード
linux-image-amd64, カーネルメタパッケージのインストール
linux-source, カーネルメタパッケージのインストール
localepurge, アップグレードするのに十分な領域があることを確認する
mailman, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
mailman3, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
mailman3-full, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
mailutils, fail2ban が bsd-mailx の mail コマンドを使ったメール送信が出来ない
mariadb-server-10.5,galera-4, 既知の重大なバグ
mdadm, 既知の重大なバグ
nova-compute, OpenStack と cgroups v1 について
openipmi, 既知の重大なバグ
openssh-server, アップグレード中に新規の SSH 接続が出来ない, 既知の重大なバグ
popularity-contest, アップグレードするのに十分な領域があることを確認する
procps, 既知の重大なバグ
pulseaudio, 既知の重大なバグ
python-pkg-resources, 既知の重大なバグ
python-setuptools, 特記すべき時代遅れとなったパッケージたち
rails, bullseye に redmine がない
rdiff-backup, rdiff-backup は サーバーとクラアントを同時にアップグレードする必要があります
redmine, bullseye に redmine がない
release-notes, この文書に関するバグを報告する
rsync, 非推奨になる rsync のパラメータ
rsyslog, 永続的な systemd ジャーナル
sane-airscan, SANE とドライバレススキャン
sendmail, アップグレード中の sendmail のダウンタイムについて
slapd, bullseye で非推奨となったコンポーネント
speech-dispatcher, 既知の重大なバグ
src:gcc-10, 既知の重大なバグ
src:llvm-toolchain-11, 既知の重大なバグ
src:qemu, 既知の重大なバグ
src:squid-deb-proxy, 既知の重大なバグ
src:wine, 既知の重大なバグ
src:xen, 既知の重大なバグ
sshfs, FUSE 3
synaptic, パッケージデータベースの準備
systemd, 代替 init システムのサポート改善
tinc, アップグレード用の安全な環境の準備
tpm2-abrmd, 既知の重大なバグ
udev, カーネルと関連パッケージのアップグレード, SCSI デバイスの検出順が決定的ではなくなりました
unbound, unbound での分割された設定ファイルの扱い
upgrade-reports, アップグレードについての報告をする
usrmerge, bullseye で非推奨となったコンポーネント
vim, Vim のアドオンについて
vim-addon-manager, Vim のアドオンについて
vim-scripts, Vim のアドオンについて
xfce4-settings, 既知の重大なバグ
xmlroff, この文書のソース
xsltproc, この文書のソース
Perl, デスクトップとよく知られているパッケージ
PHP, デスクトップとよく知られているパッケージ
Postfix, デスクトップとよく知られているパッケージ
PostgreSQL, デスクトップとよく知られているパッケージ