付録A アップグレードの前に stretch システムを調整する

目次

A.1. stretch システムのアップグレード
A.2. Checking your APT source-list files
A.3. 古く不要になった設定ファイルを削除する
A.4. 古いロケールから UTF-8 へアップグレードする

この付録には、buster へアップグレードする前に stretch パッケージを確実にインストールしたりアップグレードする方法についての情報が述べられています。特定の状況でのみ必要となるでしょう。

A.1. stretch システムのアップグレード

基本的には、これまで行ってきた stretch のあらゆるアップグレードと違いはありません。唯一異なるのは、「Checking your APT source-list files」で説明するように、パッケージリスト内に stretch への参照がまだ含まれているのを確認する必要があることです。

Debian ミラーを使用してシステムをアップグレードする場合、システムは自動的に最新の stretch ポイントリリースへとアップグレードされます。

A.2. Checking your APT source-list files

If any of the lines in your APT source-list files (see sources.list(5)) contain references to stable, this is effectively pointing to buster already. This might not be what you want if you are not yet ready for the upgrade. If you have already run apt update, you can still get back without problems by following the procedure below.

buster からパッケージのインストールもしてしまっているなら、おそらくこれ以上 stretch からパッケージをインストールしても無意味でしょう。この場合、続けるかどうかを自分で決断しなければなりません。パッケージをダウングレードすることはできますが、その方法はここでは扱いません。

As root, open the relevant APT source-list file (such as /etc/apt/sources.list) with your favorite editor, and check all lines beginning with deb http:, deb https:, deb tor+http:, deb tor+https:, URIs: http:, URIs: https:, URIs: tor+http: or URIs: tor+https: for a reference to stable. If you find any, change stable to stretch.

If you have any lines starting with deb file: or URIs: file:, you will have to check for yourself if the location they refer to contains a stretch or buster archive.

[重要]重要

Do not change any lines that begin with deb cdrom: or URIs: cdrom:. Doing so would invalidate the line and you would have to run apt-cdrom again. Do not be alarmed if a cdrom: source line refers to unstable. Although confusing, this is normal.

変更が済んだら、ファイルを保存してから

# apt update

と実行して、パッケージリストを更新してください。

A.3. 古く不要になった設定ファイルを削除する

システムを buster へアップグレードする前に、古い設定ファイル (/etc 以下にある *.dpkg-{new,old} ファイルなど) をシステムから削除することを推奨します。

A.4. 古いロケールから UTF-8 へアップグレードする

UTF-8 以外のレガシーなロケールの利用は、デスクトップや他の主要なソフトウェアプロジェクトから長期間に渡ってサポート対象外となっています。そのようなロケールは、dpkg-reconfigure locales を実行して UTF-8 をデフォルトとして選択してアップグレードする必要があります。ユーザーが自身の環境内でレガシーなロケールを使うようにデフォルトを上書きしていないことも確認が必要です。