Debian プロジェクトニュース - 2010 年 5 月 18 日

今年 3 号目の DPN、debian コミュニティの会報、にようこそ。この号で取り上げられている話題は:

DebConf10 の最新情報

DebConf10 への申し込み締め切り日が迫っており、一部の申し込みは締め切りを過ぎています。例えば BoF (Birds of a Feather) 講演の申し込みはすでに締め切られています。一方で DebConf10 に向けてできることはまだたくさん残っています。これには、ボランティア活動、機材の貸し出し、さらにお金の寄付が含まれます。Raphael Geissert さんが自身のブログで述べたように、DebConf10 を開催する費用を負担するために出資者と資金提供者が必要です。

Joey Hess さんも DebConf10 についてブログを書きました。ブログの中で Joey さんは DebConf への参加を援助します -- 絶対に後悔させません! と述べています。参加資金援助申し込みの締め切り日は 5 月 15 日で、まだ時間があります。DebConf10 への参加に関する今年の特別資金援助については Joey さんに連絡を取ってください。

Squeeze のフリーズ

Adam Barratt さんとリリースチームは移行作業の状況、リリースクリティカルバグ、Squeeze のフリーズスケジュールの更新についてメールを送信しました。手短に言うと、Squeeze のフリーズ前にやることがあるため、リリースチームが Squeeze のフリーズ時期を見積もることは難しいとのことです。Adam さんはリリースチームがフリーズ前に必要な修正を明確に把握するために、リリースチームは今月末までに 'トランジションフリーズ' を導入する予定です。自分の移行作業についてまだリリースチームと話し合っていなければ、5 月 21 日までに必ず話し合いを終わらせてくださいと述べています。

リリースチームは現在すでに一部のパッケージの移行作業に着手しており、Qt4 や gnome-desktop などのパッケージの移行作業を完了しました。KDE チームは KDE 4.4 の作業に着手しており、KDE スイートのできるだけ最新の安定版を目標にしています。Adam さんは次のように述べました: evince / totem-pl-parser の移行作業が終わりに近づいており、これは Squeeze で GNOME 2.30 が使えるようになることを意味しています。

RC バググラフでバグの数が減少しているのは素晴らしい事ですが、Squeeze にはまだ約 400 個の RC バグが残されています。一部の RC バグは不安定版からテスト版へパッケージが移行されるのを待っているものですが、大部分は作業が必要なものです。
DD なら誰でも RC バグの影響を受けるパッケージを NMU することでこの作業を手伝うことができます。リリースとは皆の努力の賜物であり、自分自身のパッケージに対する RC バグを無くすだけでは不十分である (これは手始めにはちょうど良いですが) ということを忘れないでください。したがって、もし手助けできるのなら RC バグを 1 つ選んで修正し :-) NMU を行ってください。メンテナが必要に応じて NMU に対応できるように DELAYED キューにアップロードすることもあります。

Debian と Ubuntu の関係

近頃の Ubuntu 開発者サミットに招かれ、Debian プロジェクトリーダである Stefano Zacchiroli さんは両者の関係に関する意見と実例を募集しました。募集項目は最も興味深い成功談、大規模な失敗、Debian プロジェクト全体から Ubuntu コミュニティへの要求の 3 種類です。後に Stefano さんはスライドへのリンクを投稿しました (ビデオも利用できます)。スライドに含まれる図には Ubuntu に含まれる全パッケージのうち約 75% が Debian のパッケージをそのまま (追加のパッチが無いまま) 利用している点に言及しているものもあります。Stefano さんは後に講演のまとめと受け取った意見を投稿しました。

Debian のインストールメディアと non-free ファームウェア

Debian のカーネルチームはファームウェアファイル (ネットワークカード等の一部のハードウェアが必要なバイナリデータ) を Debian の non-free セクションの別パッケージに移動させました。これを受けて Kurt Roeckx さんはこの方法が特にインストール中の利用上の問題を引き起こすか否か、またインストールメディアはファームウェアファイルを含むべきかどうかについて質問を投げ掛けました。数人が debian インストールシステムは既に、例えば USB メモリ等の別のインストールメディアからの、ファームウェアファイルの読み込みに対応していると指摘しました。しかしながら多くのユーザと使用事例 (例: リモートインストール) にとってこれは複雑でしょう。最終的に Steve Langasek さんは non-free ファームウェアを含まない普通のインストールメディアと使い勝手の良いツールを提供することを提案しました。このツールを使えば配布可能な non-free ファームウェアファイルをインストールメディアイメージに追加することが可能です。

その他のニュース

開発ニュース寄せ集めの第 22 号が発行され、以下の話題が取り上げられました。

mips* 移植版開発者である Andreas Barth さんが mips と mipsel 移植版に関する状況の更新を送信しました。mipsel の状況は飛躍的に改善したのに対して、mips の状況は変化しませんでした

Debian システム管理者である Martin Zobel-Helas さんが Debian マシン利用ポリシー (DMUP) の新版を発表しました。新しいポリシーは 2010 年 7 月 4 日から施行されます。DMUP には、Debian 開発者が debian.org のハードウェアを使ってやってもよいことと、やってはいけないことの基本原則が挙げられています。この変更は Debian システム管理者と Debian アカウントマネージャの責任の所在を明確にするために必要でした。

Debian 新メンテナフロントデスクの一員である Enrico Zini さんは開発者に向けて新メンテナプロセスへの応募者を適切に支持する方法について注意を喚起しました。支援メッセージは煩雑で長いものでなくてもかまいません。Enrico さんは、支援するのは既に Debian に対して活発に貢献している人だけにするべき点を強調しています。

Debian システム管理者である Peter Palfrader さんは様々なアーキテクチャの移植版開発者向けに提供されている chroot 環境の保守を行うボランティアを歓迎しました。さらに Peter さんは開発者が chroot 環境内にパッケージのインストールを要求する方法の指針を述べました。

Bdale Garbee さんはスポンサー付き LWN 購読についてブログを書きました。HP 社が Debian 開発者と · ごく最近導入されたように · Debian メンテナに対して LWN.net の購読料をスポンサーしています。Bdale さんはまた、現在 571 人の Debian 貢献者がこのサービスを利用している点に言及しました。

Debian システム管理者である Peter Palfrader さんは配布できないパッケージの削除に関するバグレポートを snapshot.debian.org サービスのメンテナにも送るべきかどうか尋ねました

KDE パッケージメンテナンスチームの Sune Vuorela さんは Debian ではディストリビューション固有のツールが欠けているのではないかと疑問を投げかけました。

Martin Michlmayr さんは SheevaPlugQNAP TS-11x/TS-21x 等の Marvell 社製 Kirkwood システム向けの Debian 5.0 Lenny のインストールシステムが利用可能になったことを発表しました。

Jan Dittberner さんは UbuntuDiff、piuparts、パッチトラッカーへのリンクを Debian 開発者ポートフォリオサービス追加しました

Stefano Zacchiroli さんは複数のデータソースを集約している The Ultimate Debian Database をソフトウェアリポジトリのデータマイニングを行っている科学者に紹介する論文を共著しました。

新しい開発者とメンテナ

前回の Debian プロジェクトニュースが発行された後に、9 人の応募者が Debian 開発者として認められ、2 人の応募者が Debian メンテナとして認められました。 Deepak Tripathi さん、Daniel Nurmi さん、Paul Gevers さん、 Thomas Goirand さん、Pino Toscano さん、Johan Euphrosine さん、Kanru Chen さん、Mikhail Gusarov さん、Obey Arthur Liu さん、Thierry Soloniaina Randrianiriana さん、Ritesh Sarraf さん、 Tommi Vainikainen さん、Thomas Weber さん、Hideki Yamane さん、Serafeim Zanikolas さんを私たちのプロジェクトに歓迎しましょう!

次期リリースに関するリリースクリティカルバグの統計

非公式のリリースクリティカルバグカウンタによれば、次期リリースである Debian 6.0 Squeeze には今のところ 370 のリリースクリティカルバグがあります。このうち 72 は Debian の不安定版ブランチで修正済みです。残りの 298 のリリースクリティカルバグのうち、37 に対してはパッチが提供され (テストが必要かもしれません)、20 は保留状態です。

これらのバグおよび contrib または non-free 用のパッケージに対するリリースクリティカルバグを除くと、リリースするためには 180 のリリースクリティカルバグの修正が必要です。

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: mediawikiiscsitargetvlcmplayerphpgroupware。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリストを購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、以下のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

作業が必要なパッケージ

現時点で、607 のパッケージがメンテナ不在となり、120 のパッケージがメンテナの引き継ぎを募集中です。興味を惹かれるパッケージがある場合や、支援が必要なパッケージの完全なリストを見るには、最近報告をご覧ください。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってみませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集しています。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。我々はあなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは Jeremiah C. Foster さん、Alexander Reichle-Schmehl さん が編集しました。
綾小路 龍之介さん が翻訳しました。