Product SiteDocumentation Site

第 4 章 インストール

4.1. インストール方法
4.1.1. CD-ROM/DVD-ROM からのインストール
4.1.2. USB メモリからの起動
4.1.3. ネットワークブート経由のインストール
4.1.4. その他のインストール方法
4.2. インストール作業の各段階
4.2.1. 起動とインストーラの開始
4.2.2. 言語の選択
4.2.3. 国の選択
4.2.4. キーボードレイアウトの選択
4.2.5. ハードウェアの検出
4.2.6. コンポーネントの読み込み
4.2.7. ネットワークハードウェアの検出
4.2.8. ネットワークの設定
4.2.9. 管理者パスワード
4.2.10. 1 人目のユーザの作成
4.2.11. 時刻の設定
4.2.12. ディスクや他のデバイスの検出
4.2.13. パーティショニングツールの開始
4.2.14. 基本システムのインストール
4.2.15. パッケージマネージャ (apt) の設定
4.2.16. Debian パッケージ人気コンテスト
4.2.17. インストールするパッケージの選択
4.2.18. GRUB ブートローダのインストール
4.2.19. インストールの完了と再起動
4.3. 初回起動の後
4.3.1. 追加ソフトウェアのインストール
4.3.2. システムのアップグレード
Debian を使うには、コンピュータにインストールする必要があります。そしてインストール作業を担当しているのが debian-installer プログラムです。適切なインストール作業は多くの手順からなります。この章ではそれぞれの手順を時系列順に概説します。
The installer for Buster is based on debian-installer. Its modular design enables it to work in various scenarios and allows it to evolve and adapt to changes. Despite the limitations implied by the need to support a large number of architectures, this installer is very accessible to beginners, since it assists users at each stage of the process. Automatic hardware detection, guided partitioning, and graphical user interfaces have solved most of the problems that newbies used to face in the early years of Debian.
Installation requires 128 MB of RAM (Random Access Memory) and at least 2 GB of hard drive space. All Falcot computers meet these criteria. Note, however, that these figures apply to the installation of a very limited system without a graphical desktop. A minimum of 1 GB of RAM and 10 GB of hard drive space are really recommended for a basic office desktop workstation.

4.1. インストール方法

Debian システムは、マシンの BIOS が対応していれば、さまざまな種類のメディアからインストールできます。たとえば、CD-ROM、USB メモリ、さらにネットワーク経由からも起動できます。

4.1.1. CD-ROM/DVD-ROM からのインストール

システムのインストール時に最も広く使われている方法が CD-ROM (DVD-ROM を使っても全く同じです) からインストールする方法です。具体的に言えば、コンピュータは CD-ROM や DVD-ROM から起動され、インストールプログラムが以降の作業を引き継ぎます。
Various CD-ROM families have different purposes: netinst (network installation) contains the installer and the base Debian system; all other programs are then downloaded. Its “image”, that is the ISO-9660 filesystem that contains the exact contents of the disk, only takes up about 150 to 280 MB (depending on architecture). On the other hand, the complete set offers all packages and allows for installation on a computer that has no Internet access; it requires around 16 DVD-ROMs (or 4 Blu-ray disks). There is no more official CD-ROMs set as they were really huge, rarely used and now most of the computers use DVD-ROMs as well as CD-ROMs. But the programs are divided among the disks according to their popularity and importance; the first disk will be sufficient for most installations, since it contains the most used software.
最後のイメージは mini.iso としても知られており、インストーラの副産物として入手できます。このイメージにはネットワークを設定するために必要な最小限の要素だけが含まれており、その他の要素はすべてダウンロードされます (インストーラの部品もダウンロードします。このため、インストーラの新バージョンがリリースされた時点でこのイメージは使えなくなります)。mini.iso のイメージは普通の Debian アーカイブミラーの dists/release/main/installer-arch/current/images/netboot/ ディレクトリの下に配置されています。
To acquire Debian CD-ROM images, you may, of course, download them and burn them to disk. You may also purchase them, and, thus, provide the project with a little financial support. Check the website to see the list of DVD-ROM image vendors and download sites.

4.1.2. USB メモリからの起動

多くのコンピュータは USB デバイスから起動できるため、USB メモリ (これは単なるフラッシュメモリディスクに過ぎません) から Debian をインストールすることも可能です。
インストールマニュアルでは debian-installer を含む USB メモリを作成する方法が説明されています。USB メモリの作成手順は極めて単純です。なぜなら、i386 と amd64 アーキテクチャ用の ISO イメージは CD-ROM からだけでなく USB メモリからも起動できるハイブリッドイメージになっているからです。
You must first identify the device name of the USB key (ex: /dev/sdb); the simplest means to do this is to check the messages issued by the kernel using the dmesg command. Then you must copy the previously downloaded ISO image (for example, debian-10.0.0-amd64-netinst.iso) with the command cat debian-10.0.0-amd64-netinst.iso >/dev/sdb; sync. This command requires administrator rights, since it accesses the USB key directly and blindly erases its content.
A more detailed explanation is available in the installation manual. Among other things, it describes an alternative method of preparing a USB key that is more complex, but that allows to customize the installer's default options (those set in the kernel command line).

4.1.3. ネットワークブート経由のインストール

多くの BIOS では、カーネルと最低限のファイルシステムイメージをダウンロードすることでネットワークからカーネルを直接起動できるようになっています。PXETFTP ブートなどと呼ばれるこの方法は CD-ROM ドライブを持たないコンピュータやメディアからの起動をサポートしていない BIOS を備えたコンピュータにインストールを行う場合の救世主になります。
ネットワークブート経由のインストール方法は 2 段階で行われます。最初に、コンピュータ起動中に BIOS (またはネットワークカード) が自動的に IP アドレスを取得するために BOOTP/DHCP 要求を出します。BOOTP または DHCP サーバがこれに応答し、ファイル名とネットワーク設定を返します。ネットワークの設定が終了した後、クライアントコンピュータは先に返されたファイル名のファイルを取得するために TFTP (Trivial File Transfer Protocol) 要求を出します。ファイルの取得が終わったら、ファイルをあたかもブートローダであるかのごとく実行します。そしてブートローダが Debian インストールプログラムを起動し、インストーラがハードドライブ、CD-ROM、USB メモリから起動したのと同様に実行されます。
All the details of this method are available in the installation guide (“Preparing files for TFTP Net Booting” section).

4.1.4. その他のインストール方法

Debian を多数のコンピュータに特別な設定でインストールしなければいけない場合、手作業ではなく自動でインストールを行うことが多いです。インストールの状況と複雑度合いに依存しますが、FAI (Fully Automatic Installer、第 12.3.1 節「Fully Automatic Installer (FAI)」で説明されています) を使うか、preseed ファイルを使ってカスタマイズされたインストール DVD (第 12.3.2 節「Debian-Installer の事前設定」を参照してください) を使えば、自動でインストールを行うことが可能です。