Product SiteDocumentation Site

第 1 章 Debian プロジェクト

1.1. Debian とは?
1.1.1. マルチプラットフォームオペレーティングシステム
1.1.2. フリーソフトウェアの品質
1.1.3. 法律的枠組み: 非営利組織
1.2. 基本文書
1.2.1. ユーザに向けた約束
1.2.2. Debian フリーソフトウェアガイドライン
1.3. Debian プロジェクトの内部の仕組み
1.3.1. Debian 開発者
1.3.2. ユーザの積極的役割
1.3.3. チームとサブプロジェクト
1.4. Debian ニュースを追いかける
1.5. ディストリビューションの役割
1.5.1. インストーラ、debian-installer
1.5.2. ソフトウェアライブラリ
1.6. リリースライフサイクル
1.6.1. 実験版状態
1.6.2. 不安定版状態
1.6.3. テスト版への移行
1.6.4. テスト版から安定版への昇格
1.6.5. 旧安定版前旧安定版状態
Debian の技術について深く掘り下げる前に、Debian プロジェクトの本質、目的、方針、運営の仕方について少し見てみましょう。

1.1. Debian とは?

Debian は GNU/Linux ディストリビューションです。ディストリビューションとは何かについては第 1.5 節「ディストリビューションの役割」で詳しく議論していますが、ここでは以下の通り述べるだけに留めます。GNU/Linux ディストリビューションとは完全なオペレーティングシステムで、インストールと管理に必要なソフトウェアとシステムを備えており、Linux カーネルと (特に GNU プロジェクトからの) フリーソフトウェアを基盤にしています。
Ian Murdock が FSF の指導の下で Debian を作った 1993 年、彼は Debian マニフェストの中で、彼の求める自由なオペレーティングシステムは 2 つの重要な要件を満たさなければならない、という明確な目標を設定しました。1 つ目は品質です。Debian は Linux カーネルからの信頼に値するべく、非常に注意深く開発されるでしょう。2 つ目は非商用ディストリビューションであるということです。Debian は主要な商用ディストリビューションと比較しても、十分に信頼できるものになるでしょう。彼の考えによれば、この 2 つの野望は Linux や GNU プロジェクトとよく似た Debian 開発工程に従うことでのみ達成されます。つまり、ピアレビューにより Debian プロジェクトは継続して改善され続けるでしょう。

1.1.1. マルチプラットフォームオペレーティングシステム

Debian, remaining true to its initial principles, has had so much success that, today, it has reached a tremendous size. Currently there are 10 hardware architectures officially supported and also other kernels like FreeBSD (although the FreeBSD-based ports are not part of the set of officially supported architectures). Furthermore, with more than 28,000 source packages, the available software can meet almost any need that one could have, whether at home or in the enterprise.
The sheer size of the distribution can be inconvenient: it is really unreasonable to distribute 16 DVD-ROMs to install a complete version on a standard PC… This is why Debian is increasingly considered as a “meta-distribution”, from which one extracts more specific distributions intended for a particular public: Debian Science for scientific use, Debian Edu for education and pedagogical use in an academic environment, Debian Med for medical applications, Debian Jr. for young children, etc. A more complete list of the subprojects can be found in 第 1.3.3.1 節「現存する Debian サブプロジェクト」, dedicated to that purpose.
Debian を構成する要素は明確に定義された枠組みに従って整理されているため、さまざまな「サブディストリビューション」間で問題なく互換性が保証されています。サブディストリビューションは、Debian での新バージョンのリリース要綱に従います。サブディストリビューションは Debian と同じ基盤の上に成り立っているため、Debian リポジトリから入手できるアプリケーションを使って簡単に拡張し、洗練し、特徴を出すことが可能です。
特定の Debian ツール、これらすべてのおかげで、サブディストリビューションは Debian から供される基盤を利用できます: debian-cd は、事前に選択したパッケージだけを含む CD-ROM 群を作成するためにずっと使われているツールです。debian-installer は、モジュール式のインストーラーであり、特別な用途向けに簡単に適応させることができます。APT は、さまざまな場所からパッケージをインストールしてもシステム全体の整合性を保証してくれるツールです。

1.1.2. フリーソフトウェアの品質

Debian follows all of the principles of Free Software, and its new versions are not released until they are ready. Developers do not work upon a set schedule and don't have to rush to meet an arbitrary deadline. People frequently complain of the long time between Debian's stable releases, but this caution ensures that Debian's legendary reliability is met: long months of testing are indeed necessary for the full distribution to receive the “stable” label.
Debian will not compromise on quality: all known critical bugs on key packages are resolved in any new version, even if this requires the initially forecast release date to be pushed back. Optional packages whose critical bugs are not fixed, and thus do not meet the quality requirements, are simply dropped from the stable release.

1.1.3. 法律的枠組み: 非営利組織

法律的に言えば Debian は米国の非営利なボランティア組織が管理するプロジェクトです。Debian プロジェクトにはおよそ千人の Debian 開発者がいますが、はるかに多くの貢献者 (翻訳者、バグ報告者、アーティスト、一時的な開発者など) が集まっています。
To carry its mission to fruition, Debian has a large infrastructure, with many servers connected across the Internet, offered and hosted by many sponsors.