マルデルプラタで 8 回目の Debian カンファレンスが開催されます

2008 年 8 月 8 日

2008 年 8 月 8 日、アルゼンチン マルデルプラタ - フリーな Debina GNU/Linux オペレーティングシステムを開発する組織である Debian プロジェクトは、2008 年 8 月 10〜16 日にかけて、アルゼンチン マルデルプラタのドーラホテルにて開催された例年のカンファレンスである DebConf 8 に関係者と報道関係者を招きました。

Debian プロジェクトリーダー Steve McIntyre やヒューレットパッカード社の Open Source & Linux CTO である Bdale Garbee など、世界中から集まった話者による 100 以上のイベントが開催予定です。 グローバルなチーム組織の運営、国際化、内部の開発とポリシー、仮想化、 システム&ネットワーク管理などがトピックとなります。 チュートリアルセッションでは、参加者は様々な項目についてハンズオンでの体験ができます。 開発とブレインストーミングが2つの「ハックラボ (hack labs)」にて行われます。 また、世界のチーズパーティのような気軽なイベントも行われ、交流の輪を広げることとなります。

全スケジュールがカンファレンスのウェブサイトから閲覧できます: http://penta.debconf.org/dc8_schedule/

8 月 16 日 (土)、Debian プロジェクトが 15 歳を迎えるのにあたってお祝いが行われる予定です。 Debian は 1993 年に Ian Murdock によって完全にフリーでコミュニティによるプロジェクトとして設立され、 プロジェクトは最も大きく、そして影響力のあるオープンソースプロジェクトの一つに成長しました。

カンファレンスの開催者の一人、Jörg Jaspert は「今まで参加した Debian カンファレンスのうち、最も周到に準備がされています。 その働きっぷり、現地チームに感謝を!」と興奮気味です。 現地開催チーム (世界各地からの 40 名のボランティア) らは、このイベントの開催に1年間の殆どを費やしました。

カンファレンスの参加者は、現地での登録が必要ですが無料での参加が可能です。 詳細な情報についてはカンファレンスのウェブサイトを確認ください: http://debconf8.debconf.org

プレゼンテーションは英語で行われますが、 多くのスペイン語の話者は質疑応答の手助けを受けることができます。

全てのイベントが録画されてインターネット中継されます。 詳細については、http://debconf8.debconf.org/video を参照してください。

8 月 13 日 (水) はカンファレンスとしてはイベントは開催されずに、 カンファレンス誘致者らによる地元の観光名所と文化体験の日となります。

DebConf 8 に続いて、8 月 18 日にブエノスアイレスにて Debian Day が開催されます。 Debian Day は無料の1日限りのソフトウェアユーザカンファレンスです。 イベントは、フリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアに興味を持った人々に対し、 プロジェクト内部の人との出会いや無料でのアドバイスを得られる友好的で暖かな環境を提供します。

Debian について

Debian Project は、完全にフリーなオペレーティングシステム Debian GNU/Linux をボランティアで時間と労力を割いて開発しているフリーソフトウェア開発者の団体です。

DebConf について

DebConf は Debian プロジェクトの開発者会議です。 技術・社会・理念についての全スケジュールのセッションに加え、DebConf では開発者や協力者 (contributor) ならびに興味を持った人々に対して出会いと、 より緊密に作業を行う機会を与えています。 このイベントは 2000 年から、カナダ・フィンランド・メキシコなど各地で毎年開催されています。

連絡先について

詳細な情報については DebConf のウェブページ http://www.debconf.org/ を参照するか、 <press@debconf.org> 宛にメールを送ってください。