backports サービスが公式になりました

2010 年 9 月 5 日

Debian プロジェクトは、www.backports.org としてこれまで利用されてきた backports サービスが今や公式な Debian サービスとして利用可能になったことを高らかに発表いたします。

backports とは、あるパッケージの新バージョン——Linux カーネル、Iceweasel ブラウザ、OpenOffice.org スイートなどを、 システムの全体の安定度を損うことなく安定版ディストリビューションのユーザに提供するために、 テスト版ディストリビューションから現在の安定版 (あるいは旧安定版も) のリリース向けに再コンパイルされたパッケージのことです。

アーカイブは、Lenny ディストリビューション向けに目下 528 のバックポートされたパッケージを保有しています。 来たる Squeeze リリース向けのパッケージを受け付けるインフラストラクチャもすでに用意され、Debian インストーライメージではユーザのシステムにエラーを発生させることなくデフォルトでbackports リポジトリを設定できます。 Squeeze 向けのサービスはリリース後数日経過してから有効になります。

Debian バグ追跡システムの制約のため、バックポートされたパッケージに関するバグは debian-backports メーリングリスト (これも lists.debian.org に移動しました) に依然として報告するべきです。

backports サービスの利用方法についての情報は、新しい backports ウェブサイトで参照できます。 古い backports サービスのユーザは、sources.listdeb http://backports.debian.org/debian-backports lenny-backports main contrib non-free (あるいはそのミラーの 1 つ) に向けるよう変更すべきです。 Debian のインフラストラクチャに統合されたため、backports リポジトリの署名に 使われる GPG 鍵は Debian の公式 FTP マスター鍵に変更されたことにも注意してください。

www.backports.org について

www.backports.org の backports サービスはもともと Debian 開発者の Norbert Tretkowski と、 team(ix) の大きな支援によって 開始しました。その後も Debian 開発者の Alexander Wirt (組織化) と Jörg Jaspert (技術サポート) によって、各種アーキテクチャ向けに 500 以上のバックポートされたパッケージをホストすべく継続的な改良が施されてきました。
私たちは、サービスの良き場所をこれまでの期間提供してくれた team(ix) に感謝いたします。

Debian について

Debian プロジェクトは 1993 年に Ian Murdock によって完全にフリーでコミュニティによるプロジェクトとして設立されました。 それから、プロジェクトは最も大きく、そして影響力のあるオープンソースプロジェクトのひとつに成長しました。 世界各地から集まった 3,000 人以上のボランティアらの協力によって Debian のソフトウェアは作成/メンテナンスされています。 30 以上の言語に翻訳されており、膨大な種類のコンピュータをサポートしているため、Debian は自身のことをユニバーサルオペレーティングシステムと呼んでいます。

連絡先について

より詳細な情報については、Debian のウェブページ http://www.debian.org/ を訪れるか、 <press@debian.org> 宛にメールをお願いします。