Debian プロジェクトニュース - 2010 年 12 月 8 日

今年 17 号目の DPN、debian コミュニティの会報、にようこそ。 この号で取り上げられている話題は:

Debian GNU/Linux: 5.0.7 アップデートリリース

新しい Debian GNU/Linux 5.0 Lenny のアップデートがリリースされました。 準備上の問題から、現時点のポイントリリースに含まれる linux-2.6 パッケージには DSA 2110-1 で公開されたセキュリティ修正が適用されていません。しかし、 最近公開された DSA 2126-1 には DSA 2110-1 と、 このポイントリリースに含まれる linux-2.6 パッケージ群によって提供されるアップデートが含まれています。また、 ポイントリリースにはこれを除いた最近のセキュリティアップデートの他に、 重要な問題に関するいくつかの修正が適用済みです。 新しい CD と DVD イメージの他に、アップデート CD と DVD を入手できます。

Debian WWW スプリント

Gerfried Fuchs さんが次回のDebian WWW スプリントの開催を発表しました。スプリントでは、 新しいウェブサイトのデザインを素晴しいものにするための最終修正を完了させる予定です。このスプリントはオーストリアのウィーンで 12 月 17 日から 19 日の週末にかけて開催される予定です。 CSS に関する十分な知識を持っており、 参加希望の人はできる限り早急に連絡を取ってください。この会議の仮議題が入手可能です。

Squeeze における ZFS サポート

Robert Millan さんは公式インストーラに ZFS サポートに必要な最後のパッチが適用されたことを発表しました。 これは、2 ヶ月足らず前に彼らががリリースした Debian インストーラに対して行われてきた ZFS サポートを完了させるものです。
つまり、Debian Squeeze は ZFS をサポートした最初の GNU ディストリビューションになるということです。

Debian 開発者である Colin Watson さんへのインタビュー

Raphaël Hertzog さんは 長期間 Debian 開発者を務める Colin Watson さんへのインタビューを公開しました。Colin Watson さんは man-db のメンテナンスを 10 年以上続けています。 彼は debian-installer に関する多くの仕事、特にパーティション分割ソフト関連の仕事、 に従事してきました。また、彼は、Wheezy 用に一貫したハードディスク命名規則に対する新しいインターフェイスを設計する予定です。彼はまた、GRUB 2 に対しても仕事を行っています。 GRUB 2 は現在山のようにあるブートローダの必要性を低減させる最高の機会となりうるかもしれません。さらに Colin Watson さんは Ubuntu と Debian 開発者の中で彼が最もあこがれている人に関して話しています。

今週の Debian インタビュー続報

前回の Debian プロジェクトニュース以降、今週の Debian ポッドキャストが新たに 2 つ公開されました。Debian アップストリームガイドの著者であり、Front Desk プロジェクトの一員である Lars Wirzenius さんへのインタビュー、そしてJeremiah Foster さんへの Maemo と Debian 派生物に関するインタビューです。

その他のニュース

DebConf11 の公式な最終決定日が告知されました。 ボスニア・ヘルツェゴビナのバニャ・ルカにおいて、 2011 年 7 月 17 日から DebCamp が開催され、引き続き 7 月 24 日から 30 日まで DebConf11 が 開催されます。

Petter Reinholdtsen さんは popularity-contest に参加している約 100,000 台のコンピュータからの情報を基に Debian バージョンごとの使用量統計を作成しました。それによれば、 60% 以上のコンピュータで現在の安定版リリースである Lenny が使用されています。

Paul Wise さんは Debian 派生物受付に関するアップデートを送信しました。この中で彼は、 達成内容を報告し、今後の予定に関する見解を共有しようとしています。 彼は、年 4 回は IRC 上で派生物会議を行うこと、年 1 回は DebConf で直接会って会議すること、Debian 派生物調査のアップデートを促すことを提案しています。

Debian の新しい協力者たち

前回の Debian プロジェクトニュースが発行された後に、 4 人の応募者が Debian 開発者として認められ、4 人の応募者が Debian メンテナとして認められ、7 人の方々がパッケージのメンテナンスを始めました。 Siegfried-Angel Gevatter Pujals さん、Sebastian Reichel さん、 Jonathan Wiltshire さん、Michael Hanke さん、Michael Gilbert さん、 Aron Xu さん、Christian Hofstaedtler さん、 Lisandro Damián Nicanor Pérez Meyerand さん、 Mathieu Trudel-Lapierre さん、Andreas Rönnquist さん、 Tim Gokcen さん、Daniel Stender さん、Iker Salmón San Millán さん、 Hector Oron さん、Kilian Valkhof さんを私たちのプロジェクトに歓迎しましょう!

次期リリースに関するリリースクリティカルバグの統計

Ultimate Debian Database のバグ検索インターフェイスによれば、次期リリースである Debian 6.0 Squeeze には今のところ 246 のリリースクリティカルバグがあります。 簡単に修正できるか修正作業が始まっているバグを除けば、 およそ 79 のリリースクリティカルバグがまだ修正されていません。

Alexander さんは Squeeze にある修正の必要なリリースクリティカルバグの数が 1 週間で 40 個も減りました!と述べました。

より詳しい統計と、これらの数字を解釈する方法のヒントを参照できます。

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: openssllinux-2.6wiresharklibxml2krb5。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

Debian バックポートチームは以下のパッケージにセキュリティ勧告を公開しました: znc。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

Debian Volatile チームは以下のパッケージにセキュリティ勧告を公開しました: torclamav。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリスト (これとは別に backports セクションのメーリングリストvolatile セクションのメーリングリスト) を購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、以下のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

次期 Debian 6.0 Squeeze はコードフリーズされているため、 新規パッケージの受け入れはほぼ終了していることに注意してください。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってみませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集しています。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。我々はあなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは David Prévot and Alexander Reichle-Schmehl が編集しました。