Debian は Society for Neuroscience meeting に出席します

2010 年 10 月 7 日

Debian プロジェクトはアメリカのサンディエゴで 11 月 13-17 日に開かれる Society for Neuroscience meeting (SfN2010) への出席を発表出来ることを嬉しく思います。Debian は次のリリース Debian 6.0 Squeeze を公開し、 神経科学の研究環境として強力で多用途であるという有用性を示します。 ブースを訪れる人には、神経科学研究のソフトウェア開発者に会って 利用可能なソフトウェアについての情報や、研究所への配置計画への提言を得る機会があるでしょう。 NeuroDebian チームのメンバーが出席して 研究ソフトウェアを Debian オペレーティングシステムに統合することの利点について話し合う予定です。

SfN2010 に来たら ブース #3815 まで話しに来てください。

SfN2010 について

The annual meeting of the Society for Neuroscience は 30,000 人以上が出席する、世界最大の神経科学カンファレンスの一つです。 研究者や臨床医、第一人者が脳、神経系統および関連する疾患の最新の研究結果について議論します。

謝辞

このブース出展は James V. Haxby 教授 (ダートマス大学、アメリカ、ニューハンプシャー州) の惜しみないサポートやその他 Debian プロジェクトへの寄付により可能になりました。

Debian について

Debian は 1993 年に Ian Murdock によって完全にフリーでコミュニティによるプロジェクトとして設立されました。 それから、 プロジェクトは最も大きく、そして影響力のあるオープンソースプロジェクトの一つに成長しました。 世界各地から集まった3000人以上のボランティアらの協力によって Debian のソフトウェアは作成/メンテナンスされています。 30の言語に翻訳されており、膨大な種類のコンピュータをサポートしているため、 Debian は自身のことをユニバーサルオペレーティングシステムと呼んでいます。

連絡先について

より詳細な情報については、Debian のウェブページ http://www.debian.org/ を訪れるか <press@debian.org> 宛にメールを送ってください。