DDP 開発者向けマニュアル

Debian ポリシーマニュアル

このマニュアルでは、Debian GNU/Linux ディストリビューションに必要とされるポリシーが 説明されています。これには、ディストリビューションに含めるためにそれぞれのパッケージが 満たすべき技術的な要件だけでなく、Debian アーカイブの構造や内容、それからオペレーティング システムのデザインについての話題もいくつか含まれています。

著者名: Ian Jackson, Christian Schwarz, David A. Morris
メンテナ: Debian ポリシーグループ
状態: ready
入手: Debian パッケージ debian-policy
最新バージョン:

最新の SGML/XML ソースは Git リポジトリ経由で利用できるようになっています。

ポリシーに対する修正案

ポリシーを補足するドキュメント:


Debian 開発者リファレンス

このマニュアルでは、Debian メンテナ向けの手続きとリソースが説明されています。 新しく開発者になる方法、アップロード手順、Debian のバグトラッキングシステムや メーリングリスト、インターネットサーバの使い方、などの解説です。

このマニュアルは、全ての Debian 開発者 (新米も古株も) 向けのリファレンスマニュアルといえます。

著者名: Ian Jackson, Christian Schwarz, Adam Di Carlo, Raphaël Hertzog, Josip Rodin
メンテナ: Adam Di Carlo, Raphaël Hertzog, Josip Rodin
状態: ready
入手: Debian パッケージ developers-reference
最新バージョン:

最新の XML ソースは Git リポジトリ経由で利用できるようになっています。


Debian 新メンテナガイド

この文書は、Debian GNU/Linux のパッケージ構築を一般の Debian ユーザ (と開発者予備軍) 向けに易しく説明しようとするもので、多くの実用的な例も掲載されています。

これまでの取り組みとは違い、この文書はメンテナの役に立つ debhelper や新しいツール類をベースにしています。著者はこれまでの取り組みを盛りこんで統合しようと、 あらゆる努力をしています。

著者名: Josip Rodin, Osamu Aoki
メンテナ: Osamu Aoki
状態: ready
入手: Debian パッケージ maint-guide
最新バージョン:

最新の XML ソースは Git リポジトリ経由で利用できるようになっています。


Debian パッケージ化入門

このチュートリアルは Debian のパッケージ化の手引きです。 将来の開発者に、既存のパッケージの変更の方法、自分のパッケージの作成方法、そして Debian コミュニティとやりとりする方法について説明します。 主なチュートリアルに加え、grep パッケージの変更、gnujump ゲームおよび Java ライブラリのパッケージ化、の3つの実践講座も収録しています。

著者名: Lucas Nussbaum
メンテナ: Lucas Nussbaum
状態: ready
入手: Debian パッケージ packaging-tutorial
最新バージョン:
  • 英語: [PDF]
  • ドイツ語: [PDF]
  • スペイン語: [PDF]
  • フランス語: [PDF]
  • 日本語: [PDF]
  • ポルトガル語: [PDF]
  • ロシア語: [PDF]

最新の LaTeX ソースは Git リポジトリ経由で利用できるようになっています。


Debian メニューシステム

このマニュアルでは、Debian メニューシステムと menu パッケージを 説明しています。

menu パッケージは、昔の fvwm2 パッケージにあった install-fvwm2-menu プログラムに 刺激を受けたものです。とはいえ、menu ではメニュー構成にもっと一般的なインターフェイスを提供 しようとしています。このパッケージにある update-menus コマンドを使えば、各 X ウィンドウ マネージャ用に他のパッケージを再度修正する必要はありませんし、テキストと X のどちらを志向する プログラムであっても、統一されたインターフェイスを提供します。

著者名: Joost Witteveen, Joey Hess, Christian Schwarz
メンテナ: Joost Witteveen
状態: ready
入手: Debian パッケージ menu HTML オンライン

i18n の手引き

この文書では、プログラマとパッケージメンテナ向けに、l10n (localization、地域化)、 i18n (internationalization、国際化)、そして m17n (multilingualization、多言語化) についての基本的な考え方と HOWTO を説明しています。

この文書のねらいは、より多くのパッケージが i18n をサポートするようにし、Debian を より国際化されたディストリビューションとすることです。 世界中からの助言を歓迎します。というのも原著者が日本語話者であるため、それらの助言がなければ この文書が日本語化についてのものになってしまうのです。

著者名: Tomohiro KUBOTA (久保田智広)
メンテナ: Tomohiro KUBOTA (久保田智広)
状態: 開発中
入手: 未完成
最新バージョン:

最新の SGML ソースは Subversion リポジトリ経由で利用できるようになっています。


Debian XML/SGML ポリシー

XML や SGML のリソースを提供したり、利用したりする Debian パッケージ向けの サブポリシーです。

著者名: Mark Johnson, Ardo van Rangelrooij, Adam Di Carlo
状態: sgml-base-doc にある現在の SGML ポリシーと、XML カタログ管理のための 新しい題材をマージし始めています
入手:

最新の XML ソースは Subversion リポジトリ経由で利用できるようになっています。


ソフトウェア作者が自分の作品を直接 .deb 形式で配布するには

この文書は、ソフトウェア作者が自分の作品を Debian に組み入れる方法、作品のライセンスや 作者の選択によって発生しうるさまざまな状況、どのような選択肢があるのか、といったことを説明 するための出発点となるものです。パッケージの作り方は説明していませんが、まさにそういった 文書へリンクはしています。

Debian パッケージの作成と配布について、また必須ではありませんが Debian ディストリビューションへそれらを加えることについて、全体像を掴めていないのであれば、 これを読むべきです。

著者名: Aaron Isotton
メンテナ: Aaron Isotton
状態: ready (?)
入手:
最新バージョン:

最新の XML ソースは Subversion リポジトリ経由で利用できるようになっています。


Debian インストーラ内部

この文書は、Debian インストーラを新しい開発者から扱いやすくすること、 インストーラの技術情報を提供する中心の場となることを目的とします。

著者名: Frans Pop
メンテナ: Debian インストーラチーム
状態: ready
入手:

オンラインの HTML

オンラインの DocBook XML ソース