Debian プロジェクトニュース - 2012 年 6 月 11 日

今年 12 号目の DPN、Debian コミュニティの会報、にようこそ。この号で取り上げられている話題は:

アマゾンウェブサービス上における Debian アーカイブのリビルド

Lucas Nussbaum さんはこれまでに何度かアマゾンウェブサービス (AWS) 上で Debian アーカイブの完全なリビルドを行ってきました。2007 年以来、Grid’5000 テストベッドで Debian アーカイブのリビルドを行ってきて、その過程で 6000 個以上のリリースクリティカルバグを報告してきた Lucas さんによれば、アーカイブのリビルドは、Debian の品質保証とリリース管理作業において重要な役割を果たしている。 ということです。Lucas さんは、AWS 上に展開したリビルド環境を用いて約 60 個の完全な Debian アーカイブのリビルドを行うために Debian が Amazon から 1 万ドルの付与を受けられるように取り計らいました。 これにより、開発者が自分自身でカスタムテストを行うことが可能になりました。

Debian は多様性を歓迎します

Debian プロジェクトの多様性に関する宣言が、プロジェクトメンバーの大多数の支持を受けました。 この声明は、あらゆる人の参加を明示的に歓迎し奨励しています。Debian プロジェクトリーダーの Stefano Zacchiroli さんは、この声明は、我々のプロジェクトへの貢献者を歓迎する過程の、新たな段階となると述べました。 コミュニティの多様性は、コミュニティの豊かさと密接に関係しています。

armhf と s390x 移植版の Wheezy までの道のり

リリースチームマネージャである Adam D. Barratt さんは armhf と s390x 移植版が Wheezy の一部になることに向けて一歩前進したことを発表しました: これらの移植版は今や公式のリリースアーキテクチャの 1 つに数えられるようになっています。Adam さんは両方の移植版をこのレベルまで改良する開発に協力した全員に感謝の意を表明しました。

DebConf13 ロゴコンテスト

Luca Capello さんが、DebConf13 の主催者が来年の DebConf で使用するロゴを募集していることについて告知を行いました。既にいくつかの作品が DebConf wiki で提案されていますが、主催者はもう少し自分たちのビジョンと一致するような作品の投稿を望んでいます。 参加を希望する場合には、残り数日しかありません。DebConf13 のロゴ投稿の締切日は 6 月 17 日の日曜日です。

上海で初のバグ潰しパーティー

Thomas Goirand さんが上海初のバグ潰しパーティーのレポート を執筆しました。3 人の Debian メンバーを含む約 20 人が参加し、25 のバグが修正されました。

Ruby チームからの一言

Antonio Terceiro さんは Ruby チームからの一言を投稿しました。この中で Antonio さんは Wheezy に収録されるデフォルトの Ruby インタプリタが Ruby 1.9 になることを発表しました。Ruby 1.8 は Wheezy のライフサイクル中は Debian で利用可能ですが、上流開発側のセキュリティサポートが来年打ち切りられる予定なので、 次回のメジャーリリースには収録されない予定です。デフォルトインタプリタの変更に伴い、Debian ユーザは Ruby 1.8 から Ruby 1.9 の間にあった性能面における特筆すべき改良に伴う恩恵を受けられます。 デフォルトのインタプリタとして Ruby 1.8 を利用し続けたいユーザは ruby-switch または rbenv パッケージを利用すると便利でしょう。より詳しい情報は専用の wiki ページをご覧ください。

インタビュー

Ralf Gesellensetter さんMike Gabriel さんに対する Debian Edu インタビュー が行なわれ、特に Debian Edu に関わるようになった理由と、Debian Edu に対する見解がお二人から語られました。

今後のイベント

今後、いくつかの Debian 関連のイベントが予定されています。

Debian 関連のイベントや会議に関するより多くの情報を得るには、Debian ウェブサイトのイベントセクションを参照するか、 いろいろな地域におけるイベント用メーリングリスト (ヨーロッパオランダラテンアメリカ北アメリカ) を購読してください。

Debian ブースを運営したり Debian インストールパーティーを開催しませんか? 開催予定の Debian 関連のイベントについて知りませんか? 講演のページにリンクを貼りたい Debian 関連の講演を行いましたか? そのような場合は、Debian イベントチーム宛に電子メールを送信してください。

Debian の新しい協力者たち

前号の Debian プロジェクトニュースより後に、3 名の応募者が Debian 開発者として受理され、2 名の応募者が Debian メンテナとして受理され、11 名がパッケージのメンテナンスを開始しました。 我々のプロジェクトに参加する Tobias Stefan Richter さん、Mike Miller さん、cento さん、Nikolaus Valentin Hänel さん、Simon Busch さん、René Moser さん、Christoph Gille さん、Ask Hjorth Larsen さん、David Weber さん、William Dauchy さん、Chris Frey さん、Benjamin Eltzner さん、Giulio Paci さんを歓迎しましょう!

次期リリースに関するリリースクリティカルバグの統計

Ultimate Debian Database のバグ検索インタフェースによると、次期リリースの Debian Wheezy には、現在 734 個のリリースクリティカルバグが存在します。簡単に修正できるか修正作業が始まっているバグを除けば、リリースまでにおよそ 495 個のリリースクリティカルバグの修正が必要です。

統計の詳細と、これらの数値を解釈する方法のヒントを参照できます。

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: arpwatchlibgdatastrongswannutimp4bind9request-tracker3.8 (アップデートの公開)、 openoffice.orgiceweaseliceapensspostgresql-8.4php5。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

Debian Backports チームは、以下のパッケージにセキュリティ勧告を公開しました: request-tracker4nginx。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリスト (これとは別に backports セクションのメーリングリストstable-updates セクションのメーリングリスト) を購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、484 のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

作業が必要なパッケージ

現時点で455 のパッケージがメンテナ不在となり150 のパッケージがメンテナの引き継ぎを募集中です。完全なリストは支援が必要なパッケージをご覧ください。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってはくれませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集中です。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。あなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは Moray Allan さん、Cédric Boutillier さん、David Prévot さん、Justin B Rye さん が編集しました。
今井 伸広さん、八津尾 雄介さん、石井 一夫さん、綾小路 龍之介さん が翻訳しました。