Debian プロジェクトニュース - 2010 年 8 月 26 日

今年 10 号目の DPN、debian コミュニティの会報、にようこそ。この号で取り上げられている話題は:

Debian は 17 才になります

Debian プロジェクトの 17 回目の誕生日に対して、かなり多くマスコミから反応があり、誕生日パーティーが開催され、

多くの Debian 貢献者、メンテナ、開発者に対するサプライズプレゼントとして、ユーザは thanks.debian.net ウェブサイトを通じて感謝の言葉を投稿するように働きかけがあり、このウェブサイトへのリンクを付けた誕生日バルーンがいくつかの Debian のウェブサイトに追加されました。

単純な感謝の言葉をさまざまな形で表現したものや (多くの人にとって) 外国語で書かれた心温まるメッセージが約 3000 件寄せられました。これらのメッセージを投稿してくださった全てのユーザに感謝します。メッセージのおかげで Debian プロジェクトはやる気と意欲が高まりました! ありがとうございます!

誕生日とは関係ありませんが、Debian のバグ投稿ツールである reportbug--kudos オプションをサポートしました。このオプションを使えば、バグ投稿をしない日にパッケージメンテナ宛てに感謝の電子メールを簡単に送信できるようになります;)。

packages.debian.org に載るスクリーンショット

アプリケーションの印象をとらえるには、単に説明文を読むよりもスクリーンショットを見るほうが簡単なため、Gerfried Fuchs さんは screenshots.debian.net サービスpackages.debian.org のパッケージ情報に統合しました。例えば extremetuxracer パッケージのスクリーンショットをご覧ください。

スクリーンショットが見られないパッケージに対しては、代替画像が表示されます。 ユーザはお気に入りのアプリケーションのスクリーンショットをアップロードすることで貢献することが推奨されています。

ARM 移植版開発者からの一言

Riku Voipio さんは ARM 移植版開発者からの非公式な一言を公開しました。この中で Riku さんは ARM プロジェクトに新しいマシンを寄付している ARM と Canonical に感謝しました。ARM と Canonical のおかげで、Debian 貢献者が開発作業用に (古いものに比べて 3 倍速い) マシンを利用することが可能になっただけでなく、特定のアーキテクチャとスイート用に新しいパッケージを自動的にビルドする buildd マシンインフラが新しいものになりました。現在のところ buildd マシンは実験版のパッケージ、volatile のパッケージ、non-free のパッケージ、backports.org からのパッケージも同時に自動ビルドするようになっています。最後に Riku さんは Hardfloat ARM 移植版に対する作業がいくつか終了したことをアナウンスしました。ハードウェア浮動少数点ユニットを備えた最新の ARM プロセッサでは Hardfloat ARM 移植版の方が上手く機能するでしょう。

DebConf チームに参加しませんか

Richard Darst さんは最近行われた DebConf & Debian の議論に対するコメントという形で年次 Debian カンファレンスの組織に関する一連の投稿を開始しました。Richard さんは DebConf と Debian の違いには触れず、すべての興味ある人々に向けて DebConf チームのメーリングリストに登録したり、irc.debian.org 上の #debconf-team IRC チャンネルに参加することで、カンファレンスの組織チームに参加することを勧めています。2 回目の投稿で、Richard さんは DebConf のスケジュールについて説明しました。

Debian GNU/kFreeBSD 移植版の進捗

FreeBSD カーネルへの Debian オペレーティングシステムの移植に関するさまざまな面に最近大きな進歩がありました。Debian インストーラは FreeBSD カーネルバージョン 8.1 にアップグレードされ、ユーザは英語以外の言語でインストール作業を行うことが可能になりました。また、CD や DVD のイメージ作成に使われる debian-cd スクリプトは現在 kFreeBSD アーキテクチャをサポートするようになりました。Debian 不安定版用の日次ビルドイメージはすでに利用可能で、Squeeze 用の日次ビルド、週次ビルドは Debian インストーラの次回のベータリリースから利用可能になる予定です。しかしながら、GNU/kFreeBSD 関連のウェブページは更新が止まっており、ウェブと wiki ページを修正する手助けが必要です。

MIA チームからの一言

Jan Hauke Rahm さんが MIA チームからの一言を送信しました。これは残念なことに活動を止めたパッケージメンテナを確認、管理するものです。Jan さんは、あるパッケージがメンテナから無視され続けていると考えられる場合に、パッケージメンテナはどうするのが望ましいかということに関していくつか助言を与え、MIA チームの仕事が品質保証に対して重要な役割を果たしている点を強調しました。

その他のニュース

Valessio Brito さんは IRC に慣れていないユーザが簡単に参加できるようにするために、前回の Debian カンファレンス中に利用されたものと似たウェブチャットインターフェイスを恒久的に利用可能にするべきかどうか疑問をぶつけました

Martin Zobel-Helas さんは今や Debian のホストと公開サーバの 50% 以上が IPv6 を使って接続可能なことを指摘しました

次期リリースに関するリリースクリティカルバグの統計

非公式のリリースクリティカルバグカウンタによれば、次期リリースである Debian 6.0 Squeeze には今のところ 302 のリリースクリティカルバグがあります。簡単に修正できるか修正作業が始まっているバグを除けば、およそ 128 のリリースクリティカルバグがまだ修正されていません。

より詳しい統計と、これらの数字を解釈する方法のヒントを参照できます。

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: squirrelmaillxr-cvssmarty (update)ghostscriptLinux 2.6.26lvm2zope-ldapuserfolder。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリストを購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、以下のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

作業が必要なパッケージ

現時点で、576 のパッケージがメンテナ不在となり、135 のパッケージがメンテナの引き継ぎを募集中です。興味を惹かれるパッケージがある場合や、支援が必要なパッケージの完全なリストを見るには、最近報告をご覧ください。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってみませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集しています。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。我々はあなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは Jeremiah C. Foster さん、Alexander Reichle-Schmehl さん が編集しました。
綾小路 龍之介さん、Nobuyuki Morita さん が翻訳しました。