Debian ウィークリーニュース - 2003 年 12 月 2 日

Debian コミュニティのための週刊ニュースレター、Debian ウィークリーニュースの今年の第 48 号へようこそ。Debian プロジェクトを襲ったセキュリティ侵害から、いまだ復旧していないサービスが残っています。ftp-master も CVS アーカイブも再開されていないので、11 月 21 日以来、開発は事実上止まっています。

RC バグの修正。 David B. Harris さんは、開発者に彼らのパッケージにあるリリースクリティカル (RC) バグの修正を促すメールのテンプレート提案しました。 それは、重大な問題を抱えたソースパッケージの各メンテナに送られる予定です。

Mozilla の現状。 Eric Valette さんは、Mozilla 1.5 の Debian パッケージで経験したいくつかの問題を指摘しました。 また彼は、上流のバイナリ配布に比べてデフォルトのフォントサイズが変更され、 やや見にくくなっていると言っています。さらに多くのバグがこのパッケージに対して報告されていて、 技術力のある人による修正が求められています。

glibc ベースの GNU/KNetBSD。 Robert Millan さんは、GNU libc ベースの Debian GNU/KNetBSD システ (K は「カーネル」という意味) が利用可能になったと発表しました。 彼は、ベースシステムを移植するのは簡単だったと付け加えました。XFree86 のような重要なパッケージも利用可能です。このシステムは現状で開発に使えます。

仮想 Stallman は本物の Stallman のようには振る舞わない? Andrew Lau さんは、vrms が GNU Free Documentation License の下でリリースされた文書を含むパッケージも表示するようになっているのに気づきました。 本物の Richard Stallman (RMS) さんは、これらをフリーだと考えているにもかかわらずです。 Colin Watson さんは、それらのうちのいくつかは RMS でも反対すると思われるような ライセンスを文書に対して使っている、と付け加えました

Debian エンタープライズ? Andres Salomon さんは、Debian ディストリビューションを高可用性 (HA) や最新のパッケージなどが必要となるエンタープライズ用途において向上させるには どうすればよいか考えました。 他の開発者たちは、そのようなサブプロジェクトは Debian やそのユーザにとって 役に立つだろう、と賛成しました。 Andrew Cater さんは、以前に Beowulf のメーリングリストでも 似たような議論が起こったと付け加えました

新しいパッケージの必要条件? Andreas Tille さんは、全てのアーキテクチャで構築されるはずの新しいパッケージは、 不安定版 (unstable) ディストリビューションに加えられる前に、全てのアーキテクチャで のテストにパスすべきだ、と提案しました。 Colin Watson さんは、Perl のバージョン非互換性により PostgreSQL が止まったのは 実際には幸運だったのだと説明しました。 そうでなければ、Perl の上流はこんなにも早くこの問題に気づけなかったでしょう。

Debian のロードマップ? Debian プロジェクトは、Debian ディストリビューションにはロードマップがあるのかと尋ねられました。 それに応じた保証を計画するためだそうです。Ben Collins さんは、Debian はリリースゴールを持っていないと指摘しました。 Jonathan Dowland さんは、より小さくて緩やかなボランティアの団体なら、何とかロードマップについて意見をまとめたことがあると付け加えました

アーカイブ検証の向上。 Marc Haber さんは、メインアーカイブとエンドユーザの間での信頼を確立したいと 思いました。彼は、安定版 (stable) ディストリビューションの Release ファイルにサイト以外で署名すること、(できればアーカイブ中に) バイナリパッケージに関する .changes ファイルを保存すること、そして検証のためのスクリプトをパッケージにすることを 提案しました。

システムユーザアカウントの作成。 Fabio Massimo Di Nitto さんと Peter Palfrader さんは、パッケージのインストール中に 新たにシステムユーザを作成するには、どうするのが最もよいか疑問に思いましたポリシーには詳細が 規定されていません。自動的に新しいユーザを作成したり、 それらを消去するパッケージすらあります。

API を合法的にコピー? Uwe Steinmann さんは、アプリケーションプログラムインタフェース (API) の内容を、自分のライブラリに実装するのは許されるのかと疑問に思いました。 彼はヘッダファイルしか入手できません。Henning Makholm さんは、もしヘッダファイルに 関数のプロトタイプとそれを書くのに必要な構造体・型の定義、定数の定義しかない場合、 それらを自由に自分のヘッダにコピーできる、と説明しました

自動的に外部の DTD を取得。 Brian May さんは、scrollkeeper が設定ファイルを処理するための DTD を、cron により HTTP経由で取得しようとしているのに気づきました。しかし、これはホストがインターネットに接続されていなかったり、 プロキシを使わなければならない場合には失敗します。Jochen Voss さんは、これは XML パッケージが原因で、自分の DTD を XML サブシステムに登録していないからだと説明しました。 これは既知の問題で、既に作業が行われています。

ISP の完璧なセットアップ。 Falko Timme さんは、ISP やホスティング会社に必要なサービス全てを提供する、Debian をベースとしたサーバのセットアップに必要な全ての手順を詳細に書きました。 彼は、Quota・Apache・Postfix・BIND・proftpd・qpopper・Webalizer を使っています。

セキュリティ上の更新。 いつもの手順はご存知でしょう。もしこれらのパッケージがひとつでも インストールされていたら、システムを更新してください。

DWN を読み続けたいですか? このニュースレターの作成を手伝ってください。現在なお、Debian コミュニティを詳しく調べたり、コミュニティ内のイベントについて報告してくれる、 ボランティアの記者を必要としています。どうすれば手伝うことが出来るか、寄稿のページを見てください。dwn@debian.org であなたのメールを楽しみに待っています。


このニューズレターを毎週電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian ウィークリーニュースは Robert Millan and Martin 'Joey' Schulze が編集しました。