ソフトウェアライセンスの比較

******This document is under development*******

オープンなソフトウェアに対して活動している人は、 ライセンスについて非常に強い意見を展開する傾向があります。 初心者はそれよりも目の前にある作業を完了させることに関心があり、 長期的な視点に立った意味合いを理解しないので、 あまり深く考えずに、特定のライセンスを持つソフトウェアを 選択します (ライセンスする意味合いを理解する多くの人が これについて強い意見を持っていないというのは疑問です)。

数年の間に、ソフトウェアの作者にその作成に関する制御権を与える、 ほとんどの開発者が要求する種類の多くのライセンスが顕著になって来ました。 著作権表示が全くないものや、 作者独自のライセンスが含まれるソフトウェアもまだ多く見つかります。 後者については、こういったライセンスの多くによくやる間違いが含まれるためにソフトウェア配布がしづらくなり、 (オンライン、CD を作成する人の両方の) ソフトウェア配布者にとって 実にやっかいなものとなります。

以下は主なフリーの (オープンな) ソフトウェアライセンスと、 それぞれの良い点や悪い点を挙げたものです。 ここで述べていることに関連する点だけを示します。 また、多くの項目が「良い / 悪い」の見出しに挙げられます。 これは視点によって良い点にも悪い点にもなるということです。


自前のライセンスでよくある過ち: